けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【駅弁】崎陽軒「おべんとう夏」8月の涼しい日に食べちゃった

この記事をシェアする

2018年8月現在、700円

f:id:kedamatoriko:20180808085028j:plain

おはようございますーけだまです

 

夏休み駅弁食べてない、どうしよう..困ったわたしを助けてくれたのはやっぱり「崎陽軒」だった お手頃価格の駅弁といえば崎陽軒

 

お昼過ぎのJR新宿駅構内、おや「このお弁当以外全部入荷待ちの札が...」

 

崎陽軒まとめ

 

JR新宿駅構内に崎陽軒があるんだよ

写真撮り忘れた...東口改札の近く、らぽっぽのお隣でおなじみの崎陽軒 小さくて地味なんだけど、存在感はばっちり 通りかかるたびに「今日も入荷待ちの札か...」知る人ぞ知る崎陽軒 新宿近郊の穴場は高田馬場かな(しかも西武新宿線構内ってw)

 

 

おべんとう夏 700円

夏に旬を迎える「鯵(アジ)」は生姜やねぎの風味を効かせた香味和えに、「とうもろこし」は甘みを楽しめる一口大の寄せ揚げに仕上げ、彩り鮮やかな「枝豆」はちりめんじゃことともにもちもちとした白飯にトッピングいたしました。

デザートには爽やかな「夏みかん」風味のわらび餅など、暑い夏でもさっぱりと召し上がっていただけるよう趣向を凝らした、この季節にぴったりなお弁当です。

崎陽軒ホームページより引用

f:id:kedamatoriko:20180808090436j:plainf:id:kedamatoriko:20180808090502j:plain

 

隠れてるけど鯵がいるんだな

 

さっぱり味のラインナップ、と思いきや濃いめの味付けもちらほら、これこそ夏だぜ

 

鯵南蛮和えが一番濃厚だったな

f:id:kedamatoriko:20180808130702j:plain

おべんとう夏の準主役でいいのでは(主役はシウマイ)筍煮は永遠の影役者か、順位付け難しいなぁ... 鯵入り駅弁って大船軒しか思いつかなかった

 

寒天と茎わかめと蟹と風味蒲鉾の酢の物

f:id:kedamatoriko:20180808131921j:plain

夏に欲しいおかず、それは酸っぱいものだ 想像以上に酸っぱくて夏を感じさせてくれた コリコリ食感もたまらない 温めて食べる時はこのおかずを抜いたほうがいいかな

 

筍煮と青のり入りこんにゃく煮、枝豆入り真丈煮

f:id:kedamatoriko:20180808131902j:plain

崎陽軒の駅弁といえば「筍煮」シウマイの次か、人によっては「シウマイより筍煮だ」って言う人少なくないと勝手に思ってます 小さいながらにコリコリ食感、そして浸みこんだ出汁の味 

 

崎陽軒っていったら「和」かな、煮物やすり身など定期的に入ってるよね 嬉しい\(^o^)/

 

葉大根とちりめんじゃこの炒り煮

f:id:kedamatoriko:20180808133045j:plain

おべんとう春にはもち米が入っていたような こちらは「ご飯」のみ この炒り煮がしょっぱくて白いご飯によく合う 夏なので濃いめの味付け、アリだと思います

(おべんとうって全体的に濃いめの味付けが基本かな)

 

スイーツは夏らしくわらび餅

f:id:kedamatoriko:20180808134813j:plain

いつもの和菓子じゃなくて驚いた 夏みかん風味はさっぱりでしたが、駅弁にわらび餅は貴重 細かいよね、崎陽軒の作る駅弁は芸が細かい

 

おべんとう春(左)とおべんとう冬(右)

f:id:kedamatoriko:20180808090736p:plain
f:id:kedamatoriko:20180808134627p:plain

おべんとう秋を制覇したら、コンプリート\(^o^)/

 

見た目が全然違うね 冬はこってりめ、春はちょいあっさり仕上げかな 筍が春を感じさせます 冬は牛蒡か しみじみ

 

おべんとう冬って?

次は秋だぜ、待ってろ2018年秋

 

主役の紹介忘れるところだった

f:id:kedamatoriko:20180808141612j:plain

主役はこの子だぞ

 

販売期間

8月31日までかな ホームページ平成29年と書いてありますが、30年の間違いかな?

 

つらつらっと

崎陽軒は関東近郊で一番手の届きやすい駅弁じゃないでしょうか(駅弁だけじゃないけどね)ライバルに大船軒などありますが、崎陽軒のコストパフォーマンスの良さは他を寄せ付けないな やっぱり凄いよ崎陽軒 

 

またけいきゅんとコラボしてくれないかな、崎陽軒今日もありがとう、けだまとりこでした