けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【日光土産】2017年秋の新味「きぬの清流チョコレート」女心を掴めるか

この記事をシェアする

日光土産の代表「きぬの清流」

f:id:kedamatoriko:20171010095323j:plain

おはようございますーけだまです

 

わたしの知り合いが先日、「きぬの清流にチョコ味出てたよ」と教えていただき、さっそく鬼怒川温泉のお土産物屋で購入してきました

 

日光、鬼怒川温泉の定番土産の新味はいかに

 

日光、鬼怒川温泉は栃木県ですよ

f:id:kedamatoriko:20170210142404p:plain

9月末にSL大樹が壊れて、10月三連休初日も、ディーゼル機関車を転車台に乗せて回すってシュールな展開 貴重なものを見せてもらったぜ 次の日からSL大樹は元気に走ったそうな 

 

きぬの清流って?

虎彦製菓株式会社

f:id:kedamatoriko:20171010100609j:plain
f:id:kedamatoriko:20171010100722j:plain
f:id:kedamatoriko:20171010100723j:plain
f:id:kedamatoriko:20171010100805j:plain

当ブログで頻繁に紹介しているような「きぬの清流」鬼怒川温泉界隈での旅館の茶請けといえばこちらではないでしょうか 

 

過去10年以上きぬの清流を追いかけてますが、昔からある味、終わってしまった味、新しい味あれこれありました

 

きぬの清流をこよなく愛するわたし、ドキドキですよ

 

購入は鬼怒川温泉駅から近いお土産屋

f:id:kedamatoriko:20171010101340j:plain

10月の三連休初日、購入したお店はこちら 

 

あさやホテル直営のお土産屋「すみ屋」あさやホテルといえば、鬼怒川温泉旅館トップ3に入る豪華ホテル こちらのお店は震災後にできた新しいお土産屋、この周辺で一番品ぞろえ豊富で賑わってるお店じゃないかしら

 

近くのお土産屋にはここでは扱ってない金谷ホテルベーカリー扱ってたり、用途によって使い分けて欲しいですね

 

購入できるお店【2017.10.8現在】

  • 鬼怒川温泉駅近く「すみ屋」
  • 東武日光駅小さい売店「東武商事」

 

たぶん他所でも購入できるかと思いますが、鬼怒川温泉駅の売店で聞いたら「うちはまだやってないよ」 とのお話でした 

 

 

きぬの清流 チョコレート 6個入 750円

f:id:kedamatoriko:20171010102512j:plain

新商品のポイント

  • 小分け包装(中身のプラ包装は初)
  • 6個入り(詰め合わせ以外では初)
  • チョコ味(過去10年はチョコ味やってない)

 

しっかりした箱での個人向けって実は無かったかも

f:id:kedamatoriko:20171010102514j:plain

きぬの清流、けっこう繊細な和菓子で「持ち帰る時に雑に扱うと潰れてる現象」というのがありますが、ご安心ください 

 

プラスチックで頑丈に、しっかり守られてます

 

多少の振り回しても安心、その分料金(包装代)に加算されてます

 

5個入りが税込500円いかないぐらいで、枚数で割ると100円ぐらいかな(めっちゃアバウトで申し訳ない)

 

サイズは1種類らしい

購入したお店のおじさまに聞いたら「6個入りだけですね」ってことでした しばらくしたらたくさん入った箱入りとか、将来的には出るかな?なんて思ったりも

 

いつもの5個入りサイズでは無いのでご注意ください

 

見た目はいつものきぬの清流

f:id:kedamatoriko:20171010103121j:plain

基本和菓子なので、洋菓子のような華やかさは無い

 

その分、袋が華やかですよ 洋菓子っぽい包装も初めてかな 過去の味にメープルやブルーベリーありましたが、いつもの5個入り包装だったので

 

チョコクリームはこんな感じ

f:id:kedamatoriko:20171010103539j:plain

生地はいつものちょっと独特な、「さく、ぱさっ生地」チョコの味が物足りないというか、とちおとめ味がけっこうガツン系な味だったので、普通というか、なんというか

 

ってことで冷やして食べてみたぞ

チルドに1時間程寝かせてみました さてさて・・・ 

 

歯ごたえが増したかしら、後から甘めのチョコが口の中に広がります 生地の味が壊れちゃったかしら(ごめん虎彦さん)生地の食感を大事にしたい人は冷やしちゃだめかも

 

普段は紙包装なので、初の試み「冷やす」プラ包装だから可能だっていうのと、チョコレートっていうのもありまして(我が家はチョコをチルドで冷やす習慣が)

 

 

虎彦製菓のホームページに詳細がまだ無い

鬼怒川温泉の地で1956年創業の虎彦製菓ですが、日光周辺でもお馴染のお菓子だったり、日光エリアで無くてはならないお菓子会社 ぜひ手に取って欲しい

 

きぬの清流以外にもお菓子いくつか作ってますが、きぬの清流が好きかな 鬼怒川界隈は和菓子はいくつもありますが、洋菓子系が弱いのが特徴かな はちやぐらいしか出てこないや

 

つらつらっと

もしかしたら季節限定かな?真夏の取り扱いは難しそう 秋に売れる味といえば「きぬの清流・栗」おばちゃまたちが甚五郎煎餅と一緒にばっさばさ買っていくイメージですが、このチョコレート味は若い子にも手に取ってもらうチャンスかしらね

 

娘にひとつ渡したら「これ食べたことあるー」先月も食べてるので、味覚えてた びっくりだお母さん 

 

「これ和菓子だよね」って、わかってるな

 

殿方がおなごへのお土産に、パパが娘におねだりされて買っちゃう、とか、新しい味をだしてくれる事がわたし嬉しい これからもきぬの清流のファンでいたいぞ 栃木の味きぬの清流よろしくお願いします けだまとりこでした