珈琲とけだま

コーヒー片手に

【鷺ノ宮喫茶店】昭和が残る建物で「珈琲亭 郷」地元民に愛される隠れ家的存在のお店【西武線】

この記事をシェアする

中杉通りから入って... 

f:id:kedamatoriko:20190223140914j:plain

おはようございますーけだまです

もしかしていつぶり?なんとなくの「鷺ノ宮(さぎのみや)」西武新宿線だ

実はお散歩したことなかった街だったとか、降りてから気が付いた

鷺ノ宮は「急行・準急停車駅」

f:id:kedamatoriko:20190223141329j:plain

西武新宿線なので、急行停車駅もシンプル これでも中野区なんだけどな 商店街だけでみたら沼袋や野方のほうが若干賑やか?どうかしら 

都立鷺宮高校の最寄り駅は鷺ノ宮ではなく、お隣の都立家政駅(まだあるよね)

駅降りてすぐに「中杉通り」知ってる知ってるこの名前、鷺ノ宮といえば中杉通りのイメージあった 世田谷区から杉並区、練馬区へ伸びる道路

けだまさんぽやりたかったのですが、時間が取れませんでした(次回やりたいな)

中杉通りをちょいっと 

f:id:kedamatoriko:20190223142001j:plain

女の勘が働いた「こっちにお店がありそうな気がする」

あっ...

民家なのか!?「珈琲亭 郷」

f:id:kedamatoriko:20190223142131j:plain

年季の入った建物と味わいのある看板 かき氷の暖簾が眩しい、今は2月 

鷺ノ宮らしいというか、中野区に残る貴重な昭和的空間

気になる文字「ホカジャガ」なんでしょう 

f:id:kedamatoriko:20190223144253j:plain

モーニングの文字に涎を垂らしなら(心の中)平日の昼下がり、いざ昭和の世界へ

店内の広さと賑わいに驚いた

パッと見、お蕎麦屋さんのような椅子に甘味処のような雰囲気もあり、古民家カフェじゃない、古民家喫茶店 好みがハッキリ分かれるのでは 

チューリップ形の小さな吊ランプがまた可愛いんだな

手前は4人掛けテーブル席が4つか、5つ 大きなテーブル席と、奥進めばカウンター席 壁には和の小物が飾られたショーケース 

肌で「好きなお店だ」

f:id:kedamatoriko:20190223153801j:plain

年配の御夫婦らしき姿や、おじいちゃんふたり語り合う姿、腰掛けた後ろには並んで座るカップルらしき姿(背中に感じるハートってこのことか)

すべてのお客さんを包みこんじゃう力強さをお店から伝わってきました

ホカジャガ 780円

f:id:kedamatoriko:20190223153848j:plain

じゃがバターにサラダに珈琲と、凄いメニューがやってきた

焼きマヨネーズとバターに大興奮

f:id:kedamatoriko:20190223154127j:plain

時間が掛かってやってきただけのことはある 喫茶店通い数年、まさがじゃがバター出てくるお店に出会えた奇跡 寒い季節×空腹=じゃがバター 計算式がおかしい、まぁ気にしない 

ホカホカじゃがいもを、ナイフとフォークでエレガントに頂く  

珍しいドレッシングの色?

f:id:kedamatoriko:20190223155130j:plain

ケチャップ混ざったような不思議色 酸味が強すぎず、好きな味だった 次おじゃました時に聞いてみたいな 空腹は思考を停止させる力を持つので、夢中で食べるしかなかった

珈琲にトキメキ

f:id:kedamatoriko:20190223155401j:plain

「あらやだ、美味しい」

美味しいものを美味しいと言わずに表現しないといけないんだけど、美味しかった 

お会計時に、創業40年以上と教えていただきました

外観からは年月を感じさせましたが、広い店内は最近始めたお店のような雰囲気も感じたのですが、歴史あるお店でした 

ママさんの年齢をうっかり店内で聞く機会がありましたが(お客さん同士の会話で)キビキビしたその動きから、まったく年齢を感じさせない素敵なお母さんでした 

今回物足りなさでいっぱいなので、次はモーニングでおじゃまします

西武新宿線喫茶店

www.kedamatoriko.com

つらつらっと

煌びやかでゴージャス感満載とは違う、古民家的喫茶店 若い人から年配層まで包み込む店内、いいなぁ鷺ノ宮 

駅から近いですが、車通り多い中杉通りを渡ってなので、ちょっと手間掛かる感じがまたいいの 鷺ノ宮散歩も含め、次回おじゃましたいな 

この街にOKストアがあったことに驚いたけだまとりこでした

店舗情報

  • 中野区鷺宮4-3-16
  • 鷺ノ宮駅 徒歩2分
  • 10:00~夜遅くまで
  • 火・水定休