珈琲とけだま

コーヒー片手に

【喫茶店の本】上阪徹「なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?」

この記事をシェアする

ドトールの歴史をわかりやすく

なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?

おはようございますーけだまです

ドトール本を喫茶店本に入れていいのか、ビジネス本かな?なにかな?

でもせっかくだから書いちゃおう

2015年に出た本だぞ

このブログで何度も紹介している「ドトールコーヒーショップ」ほんのちょっと「コロラド」どのように生まれ、どのように発展していったかをわかりやすく紹介

ドトールコーヒーハウスについては触れてなかったような(見逃してたらごめんなさい)ドトール本はいくつも出てますが、この本が初めて(ごめんなさい)

新宿駅周辺めっちゃあるんだな 

www.kedamatoriko.com

まとめられてない所がポイント

2015年現在、全国に1,105店

1,105店はドトールコーヒーショップの数、仲間のエクセルシオールカフェが132店舗、ドトールグループ全体で1355店あるとか この中にはコロラドはもちろん、ドトールコーヒーハウスも含まれているのかな ほとんどがフランチャイズというから凄い

新宿駅周辺だけでも10店舗以上あるので(どこまでを新宿で括るかにもよるかな)ドトールって凄い、首都圏の沿線沿いに必ずあるといっていい、カフェチェーン店(西武新宿線除く)新宿線には「ぽえむ」がある(^o^)

 

それはさておき...

 

1980年に1号店、もうすぐ40年

創業者が埼玉県に生まれていなかったらドトール生まれなかったのでは 鳥羽博道さんが家を飛び出して東京に出てきてくれたおかげで、お店を出そう!と思ったのではと勝手に思いましたが 

1962年創業、1972年にカフェコロラド、1980年にドトールコーヒーショップ1号店 カフェコロラドの数は減少してますが、コーヒーショップは増加してるかな?

東京のカフェチェーンといえば「ドトール」私自身、子どもの頃からお世話になってます 母親が大好きなドトール、歌舞伎町にある靖国通り店(改装前)親子でよく行ったな 

現在は鳥羽豊さん、息子さんが二代目社長に

この本を読むまで社長のことまったく知らなかったの さんざんドトールにお世話になっているのに...こりゃだめだ私よ 息子から見た父親、博道さんのお話も載っています

創業者ってぶっとんでるよね\(^o^)/それがあって、ここまでのドトールになったのだなと、ふふふ...と読めます ビジネス本でもあるので、喫茶店に興味無い人でも楽しめるのでは

メニューについても 

www.kedamatoriko.com

レタスドックだけで一記事書いちゃうぐらい、素敵なメニュー多いドトール ジャーマンドックについて書かれてます レタスドックもいいけど、ジャーマンドック派 こちらはモーニングメニューやっている店舗でも食べられるので、ぜひ

 

www.kedamatoriko.com

ミラノサンドについても

まるで私がドトールの回し者みたいですが、ただのファンです 名物メニューミラノサンドについても 朝から注文できますが、メニューによっては朝食べられないものも ミラノかジャーマンか聞かれたらジャーマンだな(値段もあるか)

 

www.kedamatoriko.com

白ドトールという言葉  

知らなかったのですが、最近リニューアルオープンしたドトールは昔の面影ないんですよ、分煙で「あっ...この席たばこの煙が...」ドトールあるある 禁煙席メイン店舗が増えるわ増えるわ 新しくなった靖国通り店の喫煙席は地下か4階かとか、母親は涙してました\(^o^)/

昔ながらのドトールと、リニューアルオープンしたドトールはまったく別物!?最近のお店のことを白ドトールというそうな 壁紙がおしゃれ、今の若い人たちは分煙時代のお店を知らないとか

上阪徹さん 

1966年、兵庫生まれのおじさま ビジネス書、インタビュー本をいくつも出されてます ブログは工事中で読めず、残念 2019年の最新本を購入しました\(^o^)/もっと知ろう上阪さんのこと

ドトールのコーヒーは安くてうまい

なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?

なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?

 

疲れた後のブレンド、めっちゃ幸せなひととき 220円ありがとう 何度このブレンドに心救われたか これからもお世話になります、けだまとりこでした