けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【喫茶店】国分寺に残る昭和「名曲喫茶でんえん」似合う大人を目指して

この記事をシェアする

ケーキセット 800円 

f:id:kedamatoriko:20171221072024j:plain

おはようございますーけだまです

 

国分寺にお邪魔しました、クリスマスプレゼントを探したり、便せん買ったり、中央線ってやっぱり便利よね そんな感じで前からお邪魔したかった超老舗喫茶店へ

 

国分寺って?

f:id:kedamatoriko:20171221072114j:plain

来るたびに進化と変貌を遂げてわけわからんw

 

北口はもう、なんだろう...寂しいかなぁ

 

徒歩数分歩くと昭和「名曲喫茶でんえん」

f:id:kedamatoriko:20171221072140j:plain

 

過去に数回、夜に通り過ぎたことが

思っていた以上に年季の入った建物にわたし驚き 建物から発するなにか... 

 

看板が可愛い

f:id:kedamatoriko:20171221072244j:plain

ちょっぴり薄暗い通りに似合う時代を感じさせる看板

 

扉を開けるというより、押し出す

わたしの子どもの頃にはもう無かったよ、このタイプの扉 秘密基地にお邪魔するかのような、ドキドキがとまらない 重さを感じさせないんだけど、時代の重みを感じる

 

とりあえず扉から凄いんだよ

 

ってことが伝われば嬉しい

 

店内は全席禁煙かな、薄暗い落ち着いた空間

テーブル席によって椅子の形がまちまち、4人掛けテーブルと2人掛けテーブルが無造作に、だけどバランスが完璧にも思える配置 壁にはたくさんの絵が飾られてます

 

お客さんは年配の方が多かったかな、昔からココを利用してます、的な 後ろの紳士ふたりは政治の話をずっとされてましたね

 

池袋の喫茶店の会話とはまた違う、落ち着くこの感じ

 

たぶん5年前のわたしには早過ぎたお店かも、歳を取るって素敵ねって感じた瞬間

 

ケーキセット 800円

f:id:kedamatoriko:20171221072259j:plain

素敵なマダム2名が接客されてました

 

メニュー表をまじまじ眺めてる暇もなく、選んだのは「でんえんといえばチーズケーキセットでしょ」って何かで見ましたw

 

熱々の珈琲と居心地の良い空間と音楽

f:id:kedamatoriko:20171221072323j:plain

なんでしょう、もう、すべてがたまらない

 

昭和世代なんですが、もっと前、もっと前からそのままの空間なんですよ

 

レアチーズが珈琲にあうな

f:id:kedamatoriko:20171221072325j:plain

酸味がほんのり効いたソースと柔らかさがマッチしてました

 

ゆっくりしたかったのに...

なぜでしょう、手紙を書いてると呼び出しあるんですよ、なぜだ!?

 

急いで書いて、急いでお店を出ることに><

 

もっともっと居たかった

 

国分寺に残る遺産、宝じゃないかしら もちろんアド街でも紹介されてましたよ テレビだけじゃこの魅力は伝わらない

 

この空気に触れてほしい、そんな空間

 

30年以上の喫茶店

 

つらつらっと

大人のための、大人の空間 アラフォーのわたしでもまだ早かった 歳を取るって素敵ねっていいたいし、いわれたい 微妙な年頃なのかもしれない

 

ノスタルジックな空間でゆっくりデートなんていかがでしょう、昭和の空気を貴方に、けだまとりこでした

 

店舗情報

  • 国分寺市本町2-8-7
  • 国分寺駅 徒歩3分
  • 13:00~19:00
  • 木曜定休
  • 1957年4月