珈琲とけだま

コーヒー片手に

【新橋カフェ】昭和残る駅前ビル1階「巴裡 小川軒 サロン・ド・テ」12席の小さな店内でスイーツ

この記事をシェアする

f:id:kedamatoriko:20200616171652j:plain

 

新橋駅前ビルでお散歩中におじゃましました 書いている最中に知ったのですが、レーズンサンドで有名なお店のカフェだった(汗

小川軒の名前は聞いたことあるなーぐらいでしたが...

狸が待ってた「新橋駅前ビル1号館」

f:id:kedamatoriko:20190917195719j:plain

1966年から現在も賑わう駅前ビル

 

www.kedamatoriko.com

 

昭和の中にあった平成

f:id:kedamatoriko:20190920093106j:plain

ビルの地下1階で「パーラー キムラヤ」のモーニングを食べたすぐ、この扉をうっかり開けてしまった お腹は空いていなかったけど、カフェあったら入りたくなるお年頃 せっかく新橋来たんだもん、ひとり言い聞かせ

お値段は普通かな

f:id:kedamatoriko:20190920093403j:plain

2019年9月現在

  • 珈琲 540円~
  • 紅茶 648円
  • ケーキ 324円~

スイーツと飲み物で1,000円ぐらいでしょうか\(^o^)/

小川軒ロールとエスプレッソ 756円

f:id:kedamatoriko:20190920094050j:plain

小川軒の名前に惹かれて

小川軒ロール

カスタードと生クリームを2層に重ね、しっとりとしたスポンジで包みました。
スポンジには、枇杷の花から採取した、香り高くコクのある蜂蜜を利用しています。

小川軒公式サイトより引用

f:id:kedamatoriko:20190920094950j:plain

中央に見えるカスタードクリームがポイント

ふわもち食感に、滑らかさ

生地のほどよい柔らかさ、絶妙な歯ごたえ ロールケーキって繊細なお菓子だったのね ペロッと胃袋に収まった カスタードと生クリームの完璧な量というのか

 

生クリームも好きだけど、この生地の味が好みだった

居心地のいい綺麗な店内

f:id:kedamatoriko:20190920095419j:plain

2012年オープンだとか 駅前ビルで一番新しい、貴重な平成空間!?ちょっと浮いているっぽさがまたいいんだな、きっと

エスプレッソがいい

f:id:kedamatoriko:20190920095553j:plain

普段飲みませんが、たまにはケーキと(お値段の関係も)

巴裡 小川軒って?

明治38 年(1905 年)に初代小川鉄五郎が、新橋(汐留)に洋食屋「小川軒」を創業しました。レストランに加えて菓子を中心とした物販を目的として、昭和中期に二代目小川順とその弟、小川斌が、レイズン・ウイッチの原型を完成させました。
その後、レイズン・ウイッチを含めた洋菓子全般が独立する形で、巴裡小川軒が創業。明治の創業以来、数多くのお客様に支えられて現在に至ります。

小川軒公式サイトより引用

今回レイズン・ウイッチについて何も触れてませんが、いつか食べたい

外からも入れるのかな?

f:id:kedamatoriko:20190920095659j:plain

入口ふたつあるのかしら?初めてのデートで新橋駅前ビル連れて来られたらドギマギしちゃいますが、外を歩いていて「ここで休憩しましょうか」と言われるのはOKかな?

 

週末はもしかしたら賑わっているのかもしれない、平日のお昼時はこのフロア唯一の静かな空間だったので... お客さんは常に出たり入ったり、がポイント

 

ごちそうさまでした\(^o^)/

地下一階のオアシス

www.kedamatoriko.com

つらつらっと 

小川軒を知るきっかけとしてカフェはいいかもしれない 目黒に自社工場があるとかで、作られたケーキが新橋まで運ばれてくるとか

 

生菓子は配送しないので、小川軒スイーツは新橋か目黒でぜひどうぞ、けだまとりこでした

店舗情報【2019年訪問時】

  • 港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1階
  • 10:30~18:30(L.O)
  • 10:30~16:30(L.O)【土曜】
  • 日曜定休
  • 全席禁煙