珈琲とけだま

コーヒー片手に

【吉祥寺喫茶】公園近くの隠れ家か「珈琲立吉」無音の店内から伝わる温もりの数々

この記事をシェアする

f:id:kedamatoriko:20200528162313j:plain

吉祥寺で気になっていたお店、素敵なマスターと愛らしい空間が兼ね備えられていた喫茶店だった(*'ω'*)井の頭公園から近いお店、雨の日におじゃましてきたぞ

 

 

井の頭公園の写真なんて無かった!

公園入口手前の脇道かな「立吉」

f:id:kedamatoriko:20200205094843j:plain

過去に通りかかった時は準備中、場所は知っていたの 気になっていた小さな小さな喫茶店 雰囲気溢れすぎて入りづらいとはこのことだ

雨にさらされる看板も愛おしい

f:id:kedamatoriko:20200205095126j:plain

看板は喫茶店の名刺だよね

マスター、無音、ほかに誰もいない

しまった!?どうしよう!?使い込まれた数々の家具と目が合い、建物から放たれるピリッとした空気 店内で数秒固まってみた、老舗喫茶店あるある

お店のマスター、入口すぐのテーブルで作業中(お客さんに見えたのは内緒)ご主人の仕事をじゃましたのか!?心の中の焦りと裏腹「奥のテーブルどうぞ~」優しい声

客席数は20席ぐらい(あばうと)マスターひとりで切り盛りするのにちょうどよい広さ 大きいテーブルもあれば、小さなテーブルも 

正面厨房カウンターの無造作っぷりが絶妙なバランス、素敵 過去は喫煙席だった面影少々 2020年現在、全席禁煙 

数年前から禁煙にしたとか 

ウインナーコーヒー 

f:id:kedamatoriko:20200205100116j:plain

  • ウインナーコーヒー 550円 

ぼやけてるのはカメラのレンズが曇っちゃったから 外の寒さから急に暖かい部屋にやってきたもんだから(曇りの酷さに気が付いたのはPCに写真を取り入れてから)

滑らかさ際立つ優しい味、甘さが体全部をぽかぽかにしちゃいます

器も素敵だったので...

f:id:kedamatoriko:20200205100401j:plain

桜の花がたまりません ソーサーとカップを眺めてニヤニヤするのも楽しい 何がどうとか語れませんが、お店の空間に花を添えてるとはこのことかしら

メニューは飲み物だけ

テーブル上にあるメニュー表、表面は珈琲で裏面は紅茶だった 食べ物は一切ないっぽい!?おじゃまする前にフルーツサンドしっかり食べてきたので問題なし(えへん)

立吉近くに本店が 

www.kedamatoriko.com

おじゃましたのはマルシェのほうですが、ぜひ本店も 

途中、手紙をカキカキ

無音の店内、あとからやってきた女性はお客さん?じゃない、お客さんじゃないぞ マスターと商談か、いいのか私ここにいて!?ぐらいの空間が心地よかった 手紙書くことに集中させてくれた ぼっち最高で最強 BGMはマスターの声

最後、帰り際にお話できました

老舗喫茶店で間違いなかった、現在の建物は建て替えて20年ぐらいと仰っていたので、その前からとなるとけっこうな年月なのかなと勝手な推測

 

味わいあるマスターから伝わってくる「ダンディズム」というのか、ただならぬおじさま、おじいちゃんといっては失礼ですが 中央線沿線で働く喫茶店の主人は色男が多すぎやしないかい マイペースな所も素敵、ゆっくりやっていきたいとのこと

 

数年前までは喫煙できたそうですが、禁煙になった空間で使い込まれた家具たちと一杯の珈琲、めちゃくちゃ居心地よい空間 ごちそうさまでした(*'ω'*)

吉祥寺まとめかな

www.kedamatoriko.com

春までにあと3軒は追加できそうです

つらつらっと

井の頭公園内もう数年散歩してないような?普段おじゃましない公園側にも素敵なお店はたくさんあるんだよ、見つけられてないだけなんだよ(力説)

今度は晴れた日に公園とセットでおじゃましたいな、吉祥寺の喫茶店も素敵でした そんなこんなのけだまとりこでした

店舗情報(2020年訪問時)

  • 武蔵野市吉祥寺南町1-15-5
  • 12:00~19:00
  • 水曜日定休
  • 全席禁煙