けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【駅弁】塩尻のカワカミを代表する「とり釜めし」長野名物野沢菜たっぷり

この記事をシェアする

2018年7月現在 860円

f:id:kedamatoriko:20180720134054j:plain

おはよーございますーけだまです

 

塩尻のカワカミといえば「とり釜めし」そうなのか、きっとそうなんだ

 

塩尻駅に降りた過去

f:id:kedamatoriko:20180720144806p:plain長野県塩尻市、ワインが有名かな ワインのことはさっぱりでごめんなさい

 

www.kedamatoriko.com

 

とり釜めし 860円

f:id:kedamatoriko:20180720152057j:plain

f:id:kedamatoriko:20180720155427j:plain

野沢菜が容器の中で踊っていたのでしょう、ごめんなさい犯人はきっとわたし

 

ご飯は味付け、長野県産米だそう 味付けうずらがまた可愛い

 

野沢菜は油炒め、シャキシャキでした

f:id:kedamatoriko:20180720155445j:plain
f:id:kedamatoriko:20180720155457j:plain

紅ショウガとの相性ばっちし、ダブルで歯ごたえ楽しめます 栗は甘露煮、この駅弁唯一の甘さ担当かな 

 

野沢菜シャキシャキ食感は一度食べたら忘れられない

 

鶏から揚げが主役だぞ

f:id:kedamatoriko:20180720155535j:plain

カワカミの駅弁と言えば「とりにく」歯ごたえ十分、食べ応えも十分か、二切れ入ってました 鶏そぼろとから揚げ、まさにとり釜めし

 

野沢菜好きに食べてほしい、そんな駅弁 カワカミはとり釜めしに野沢菜入れるのがお好き

 

容器はプラスチックで軽いぞ

f:id:kedamatoriko:20180720155611j:plain

小ぶりの容器が可愛い、手軽に食べられる駅弁 それが「とり釜めし」どこかの釜めしと間違えられちゃうこと、きっとあるようなないような...

 

カワカミ紛らわしいシリーズ

殆どのカワカミ駅弁食べました 似てるお弁当がいくつかあるので、ここで紹介

 

とりめし 650円(上)と、とり釜めし 860円(下)

f:id:kedamatoriko:20180721110113p:plain
f:id:kedamatoriko:20180721110101p:plain
f:id:kedamatoriko:20180720152057j:plain
f:id:kedamatoriko:20180720155427j:plain

2016年の秋に購入して食べた「とりめし」写真で並べてみたら、なんだ内容殆ど同じじゃん一安心 栗甘露煮ぐらいかな、見当たらないの

是非食べ比べてほしい

 

山菜釜めし(上)と、とり釜めし(下) 

f:id:kedamatoriko:20180721110813p:plain
f:id:kedamatoriko:20180721110829p:plain
f:id:kedamatoriko:20180720152057j:plain
f:id:kedamatoriko:20180720155509j:plain

容器一緒で中身が違うシリーズ

山菜たっぷりか、鶏肉たっぷりが

 

ぜひ食べ比べてほしい

 

松本駅で購入できるぞ

www.kedamatoriko.com

 

つらつらっと

カワカミの駅弁、紹介してない駅弁はアルプスの四季だけかな(期間限定除く)苦手な幕の内なので後回しにしてましたが、今年中に紹介できるかな

 

夏休み、ぜひあれこれ悩んで欲しい けだまとりこでした