珈琲とけだま

コーヒー片手に

【2020年閉店】昭和50年創業、渋谷「珈琲の店 Paris COFFEE」老舗で眺める美しい白薔薇

この記事をシェアする

f:id:kedamatoriko:20200527183726j:plain

たまにはがっつり喫茶店巡り 職場での用事を済ませ、ふと「渋谷の喫茶店探しなんていいじゃない」この後は表参道に用事があったので、滅多にお邪魔しない渋谷を散策

 

渋谷で見つけちゃった「可愛くて、優しさ感じる老舗喫茶店」 

渋谷って都会だ

f:id:kedamatoriko:20180727064048j:plain
f:id:kedamatoriko:20180727063950j:plain

乗り換え利用ではお世話になってましたが、ぶらぶらする事が滅多にない「渋谷駅周辺」井の頭線も走っていたんだっけか、驚き(忘れてただけか)

ハチ公の写真撮り忘れてしまったよ...

路地裏を散歩中に発見、老舗喫茶店「パリ」

f:id:kedamatoriko:20180727064243j:plain

喫茶店に興味が無い人は素通りしちゃうのでは、けっして大きくない外観 角地の吉野屋の裏手、でいいのかな 

値段書いてない看板、これがいいの 

f:id:kedamatoriko:20180727064222j:plain
f:id:kedamatoriko:20180727064514j:plain

ドキドキしちゃう、看板を眺め、可愛いだけじゃない オシャレ感がしっかり これが渋谷なのかもしれない 

 

お隣に値段が載っているメニュー表も(帰り際に発見)扉には黄色いステッカー ワクワクしながら扉を開けちゃうぞ

ふたり掛けテーブル中心、おひとりさま利用が多かった

1975年創業、昭和50年といえばバブル時代なのかしら 全席喫煙の店内、それほど広くないけど30席 カウンター席も5席ぐらいあったかな 

 

人によっては窮屈に感じるかもしれない 窓から明るい日差し、煙草の煙を微かに感じながら端っこに座り、メニューとにらめっこ

 

店内中央の天井に見える、チューリップのような形した照明が可愛い 創業当時からのものかしら 壁にはヒヤシンスやビオラなど、ノートサイズぐらいの絵が飾られて華やか 温かさ感じる店内 

ウィンナーコーヒー&スコーン 

f:id:kedamatoriko:20180727063049j:plain

 

薔薇だ、薔薇だよ 生クリームで作られたお花に感動 乙女心に火が付いた これだけ甘さを楽しめるウィンナーコーヒー、嬉しすぎます

一輪の花が眩しい

f:id:kedamatoriko:20180727064804j:plain

 

見て楽しめるって嬉しい、楽しい、大好き

スコーンにもたっぷり生クリーム

f:id:kedamatoriko:20180727065139j:plain

 

もう十分過ぎるぐらいの糖分摂取 嬉しすぎます(*^_^*)酸味の効いたジャムが絡まって、切り込み入った大きいスコーンと一緒に頬張れはそこは天国

過剰摂取ってなんだろう

f:id:kedamatoriko:20180727065150j:plain

これだけ夢詰まったスイーツ、老舗喫茶店で楽しめるってめちゃんこ嬉しい

モーニングはやってないけど、朝からスコーンは貴重かも

お店のお姉さんに聞いたら「モーニングやってないんんですよ」との事 トーストあり、スコーンあり、朝から手間掛かったメニューが食べられるってこれまた贅沢

 

スコーンのボリュームにも大満足 サクサクのしっとりってこのことだ

渋谷喫茶店こちらも 

www.kedamatoriko.com

つらつらっと

駅から比較的近くて、わかりにくい場所にあるかもだけど、雰囲気のいい喫茶店求めている人にオススメ(喫煙者がいいかも)

 

おひとりさまも多い店内、ゆっくり老舗の空気を味わってはいかがでしょう 渋谷=カフェだけじゃなかった 勉強不足のけだまとりこでした

店舗情報(2018年訪問時)

  • 渋谷区道玄坂2-5-6
  • 9:00~22:00
  • JR渋谷駅 徒歩4分
  • 月曜定休

※2020年5月、閉店を確認しました