けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【ランチ】鉄道好きが導かれちゃう祐天寺「ナイアガラ」祐天寺名物といわれるだけのことはある!

この記事をシェアする

浪漫が詰り過ぎちゃったお店

f:id:kedamatoriko:20181203124130j:plain

おはようございますーけだまです

伝説のお店にやっとおじゃまできました、カレーはオマケなのか? 

素人が素人ながらに全力で紹介しないといけない、うっかり中途半端に書いちゃうと「うるぁああああああ」ってお声が掛かるお店 それがナイアガラ 

祐天寺駅から数分歩くぜ

f:id:kedamatoriko:20181201155549j:plain

祐天寺にとんでもないお店があるぜ...いってこい...

そう言われたのはもう1年前かな

やってきたぜ「ナイアガラ」

f:id:kedamatoriko:20181203124100j:plain

お店の場所はさっぱりでしたが、散歩中に出会えました たぶん電車愛が強い人は勝手に引き寄せられると思うんで大丈夫(だいぶアバウト)

入る前からしっかり楽しんでほしい

f:id:kedamatoriko:20181204152015j:plain
f:id:kedamatoriko:20181204152044j:plain
f:id:kedamatoriko:20181201124233j:plain
f:id:kedamatoriko:20181201124744j:plain

ここ...住宅地だよね、お隣さん普通の一軒家だったような

とんでもない所にきちゃった感、いいぞ

入口はブルトレの扉「B寝台」の文字

f:id:kedamatoriko:20181204153038j:plain

左のタンクっぽいのわからんのよ...

お客さんいない店内、怪しい女

店内は想像以上にコンパクトだった キョロキョロしてると店員さんから「乗車券お買い求めくださいー」振り返ればそこは券売機

動揺しちゃった「食券じゃなくて乗車券」

f:id:kedamatoriko:20181204153340j:plain

完璧な店員さんの指示に従い、あれこれ眺めてると次のおきゃくさんやってきた ブレてる辺りがなんとも(ごめんなさい)

お隣の両替機も熱いので使ってほしい(2,000円札も対応してたような)これもコレクションでいいのかな

車内にいるような、車内よりずっとディープな空間

f:id:kedamatoriko:20181204155109j:plain

テーブル席が3つと、カウンター席が少々 こりゃ週末待つんじゃないか 帽子やら、プレートやら、よくわからないものまでコレクション半端無い(これでもほんの少しなんだよね、きっと)

3番線に発車されたコカ・コーラ

f:id:kedamatoriko:20181204155015j:plain

カウンター席からのお兄ちゃんの掛け声「3番線に発車しまーーーーーーーーーーーーす」これが噂に聞いていた、汽車で運ばれるアレか...

ひとりで大興奮してたのは内緒\(^o^)/

カレーもちゃんと汽車でやってきた

f:id:kedamatoriko:20181204155534j:plain

 

「すげぇええええええええ」

 

店内に響く車輪の音、「ガラガラガラガラガラ.....」

 

エビフライカレー 970円

f:id:kedamatoriko:20181201154215j:plain

 

 

「ここ、カレー屋さんだったんだよね」

主役は電車なのか、カレーなのか どっちも主役か!!!

 

ピリッと来る辛さに「思ってたより辛い」

f:id:kedamatoriko:20181204160847j:plain

隠れてますが、レモンがまたいい味だしてるぞ

とろけたじゃがいもの舌触り、スパイスが効いてる?

昔ながらのカレーってこうだったのかな、逆に新鮮だ\(^o^)/

テレビでもおなじみのお店だったとか

ナイアガラの駅長(店長)内藤さんが過去に集めていたアイテム、大事にされながら今へと受け継がれてきたとか 

創業者の内藤さんは2017年にお亡くなりになってしまいました 今のナイアガラが建っている場所は創業地だったのね(2013年に駅前から戻ってきたとか)だから住宅街にあるのかと納得 2013年に開店50年とめちゃんこ凄いお店だった

2代目は息子さんが引き継いだとか、まだまだこれから\(^o^)/

ムービー観て泣きました

www.niagara-curry.com

駅長メモリアルも観てほしい!

つらつらっと

お店だけの力じゃなくて、街のみなさんの手も借りてここまでやってこられたのかなって 初代駅長さん内藤さんの人柄や、集まった人たちの力がこうやって今も大事に支え、支えられて今に至るのでしょうか

祐天寺の名物また行きたいな、あれこれ悩んで書いてみたぞ、けだまとりこでした

店舗情報

  • 目黒区祐天寺1-21-2
  • 11:00~20:00
  • 月曜・木曜運休(祝日は営業)