けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【駅弁】崎陽軒だ「しょうが焼弁当」シウマイ入っていない貴重な駅弁だった

この記事をシェアする

シンプルなしょうが焼き

f:id:kedamatoriko:20181230072716j:plain

おはようございますーけだまです

2018年食べ納め駅弁は悩んだ所「崎陽軒」JR新宿駅構内、うふふふ 午前中に購入、お昼ご飯にいただきました 

濃厚な豚ロースがご飯によく合うんだな、これが

崎陽軒って

www.kedamatoriko.com

崎陽軒のシウマイを食卓に出したら「うおおおおおお」ってなるのは我が家だけでしょうか 主婦の強い味方、横浜「崎陽軒のシウマイ」

紹介しているものは東京工場(江東区)が多いかな

しょうが焼弁当 780円

柔らかく冷めてもおいしい豚肉のしょうが焼弁当。甘辛な味付けが食欲をそそり、ご飯によく合います。

崎陽軒ホームページより引用 

f:id:kedamatoriko:20181230073551j:plainf:id:kedamatoriko:20181230073524j:plain

シウマイが入っていないことに驚いた 崎陽軒の駅弁にシウマイが無いなんて...ちょっと探してみたのは内緒 炒飯弁当にだって入っているシウマイが入っていない 崎陽軒じゃないじゃん んなことはない、崎陽軒だ

崎陽軒の白いご飯は宝石だ

f:id:kedamatoriko:20181230074010j:plain

崎陽軒の主役はシウマイじゃなかった白いご飯だった、そんなことに気づかされた2018年12月の下旬 なんでしょう、この白飯だけでしょうが焼きがペロッと(あれ)

冷めても美味しいご飯、凄いことなんじゃないかって シウマイの感動を飛び越えるのが、ご飯だった 

しょうが焼きはオマケだったのか

f:id:kedamatoriko:20181230074505j:plain

いやいやいや、甘辛タレが白いご飯に絡まればそれは天国

たまねぎ炒めが別とは...

f:id:kedamatoriko:20181230074620j:plain

このこだわりはなんでしょう タマネギと別になっていることに驚きましたが、タマネギ一品だけでも楽しめる、これが崎陽軒の凄さ

豚ロースが3枚だったかな

f:id:kedamatoriko:20181230074838j:plain

ロースの厚さが完璧すぎやしないかい これ以上厚みがあると食べづらいかもしれない、ギリギリのラインを完璧に攻めてる&冷めても美味いという言葉に偽りなし 

欠点は、3枚くっついてる状態から剥がす作業に苦戦したぐらい 大食いさんはペロッとまとめてお口に運んでしまうんでは...

ポテトサラダ&炒め物

f:id:kedamatoriko:20181230075251j:plain
f:id:kedamatoriko:20181230075249j:plain

しょうが焼きのお供にポテトサラダの甘さがいい 炒め物は「筍と高菜の鶏そぼろ炒め」なんなんだこれは...そんなこと考えながら筍食感を楽しみました 高菜の歯ごたえが控えめで、崎陽軒のセンスが光った一品かしら

朝8時頃の売店、数が多く無かった

売店の写真無くてごめんなさい 開店直後のJR新宿駅構内の売店は種類が豊富 しかし、おや数はそれほど多くないのか しょうが焼き2つ?3つ?カウンター上に積まれたお弁当の数々を眺めたら、これは...争奪戦なのか、朝の戦いはここで始まっていたのか

らぽっぽの隣の静かな場所は、実は激戦区だったとは しみじみ考えた 

www.kedamatoriko.com

つらつらっと

そういえば「しょうが焼き駅弁」今まで出会えてたかしら しょうが焼きファンは少なからずいるはず シウマイ入っていない、崎陽軒の駅弁の中でも特殊な駅弁だった

白いご飯をしっかり楽しんで食べてほしい、崎陽軒の奥深さに気が付いたけだまとりこでした