けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【鬼怒川温泉】駅から歩いて15分「あし湯カフェ エスポ」山々眺めてのランチどうかな

この記事をシェアする

ランチと足湯

f:id:kedamatoriko:20180508193606j:plain

おはようございますーけだまです

 

鬼怒川温泉の観光ガイドに最近載るようになった「足湯カフェ」やっとお邪魔できました 駅からちょっと歩きますが、観光スポットの大橋からすぐの足湯カフェ

 

鬼怒川温泉駅を出発して、てくてく

 

鬼怒楯岩大吊橋を目指して歩いてください

f:id:kedamatoriko:20180508194023j:plain
f:id:kedamatoriko:20180508194042j:plain
f:id:kedamatoriko:20180508194127j:plain
f:id:kedamatoriko:20180508194133j:plain

怖くて近づいてません...

鬼怒楯岩大吊橋って

平成21年に完成した、鬼怒川温泉数少ない観光名所のひとつ 全長140メートルをてくてく歩いてくださいな 何度かお邪魔してますが、高所恐怖症には刺激が強かった 

 

見下ろせば鬼怒川、力強く流れてます

 

大吊橋からすぐ「あし湯カフェ エスポ」

f:id:kedamatoriko:20180509063754j:plain

知らなかったのですが「ホテルサンシャイン鬼怒川」の施設なのね てっきり個人経営かなにかと思ってましたが、そりゃなるほど納得 予想以上に広々したカフェでした

 

GWなのでけっこうな賑わいだった

f:id:kedamatoriko:20180509083930j:plain

大吊橋から一番近いカフェなので、休憩場所に最適 というよりほかの休憩場所(カフェ)無いに等しいか 大吊橋渡った先になにかあるわけでも...

 

注意点が入口に貼ってあるぞ

f:id:kedamatoriko:20180509084154j:plain

  • お一人様ワンオーダー制
  • 注文はカウンターで
  • 全席自由
  • 全席禁煙

 

セルフサービス要素だ強いのでおひとりさまには気が楽だったかな あとカップル多かった 女ひとり寂しくいたのはわたしだけ 

 

賑わっていたので、家族連れは席取りに苦労していたような様子も見られましたね GWや大型連休じゃなければ、そこまで混み合ってないんじゃないかな、なんて

 

店内カウンターでお会計、外の席に出る前にタオルを取ります

f:id:kedamatoriko:20180509084612j:plain
f:id:kedamatoriko:20180509084636j:plain

このタオルを手に取るまで、このカフェがホテル併設だということに気が付かなかった 大型観光ホテルならではの安心感でしょうか オシャレさはちょい半減か!?

 

お願いも貼ってありますよ

f:id:kedamatoriko:20180509085342j:plain

全席自由席がポイントですよ

 

景色の良い席に座れませんでした

f:id:kedamatoriko:20180509085010j:plain

周りのカップルに嫉妬しながらも、まったりできる席はちゃんとありました 残念ながらこの席は鬼怒川の新緑を眺めることができない、悲しいような、寂しいような

 

グルメサイト情報に40席と書いてありましたが、足湯できる席は40席無さそうに思えました 

 

ホットドックセット 1,100円

f:id:kedamatoriko:20180509085619j:plain

ここは観光地、観光地価格ですよ お腹いっぱいになって足湯疲れること考えたら、高くないんじゃないかな 無料の足湯に浸かりたい人は、鬼怒川温泉駅前にありますのでどうぞ 

 

メニューあれこれ

  • ホットドックセット 1,100円
  • サルサドックセット 1,300円
  • まろやかなビーフシチュー 1,500円

などなど...

 

ドリンク単品や、パフェもあり種類豊富 ハラペコだったのでセットを注文しました

 

ストッキングだったので、入れてません

f:id:kedamatoriko:20180509090626j:plain

温かったとか、熱かったとか書かないといけないんでしょうが、脱ぐタイミングが無く、浸かれませんでした 

 

あし湯してません

 

ほんとごめんなさい

 

つらつらっと

大好きなお姉さんから「鬼怒川温泉って...」コメントを頂いて、観光地の中でも寂れ具合はなかなかのものかと だからこそ、都心には無い謎の静けさや、ゆったりできたり、都心から2時間でこれだけのんびりできちゃう空間も貴重なのでは

 

地雷なところが鬼怒川温泉だぞ☆

 

例えば、観光地の街(鬼怒川とか)、観光地+住宅地の街(鎌倉とか)それぞれ問題や課題があって、頑張って問題に取り組んでる人も大勢いるし、昔のままの考えのひともいるんだよね

 

取り残されてる鬼怒川温泉も、頑張ってる鬼怒川温泉も大好き これからも応援します 

 

貴方は観光地に何を求めますか?けだまとりこでした

 

店舗情報

  • 日光市鬼怒川温泉大原1437-1 ホテルサンシャイン鬼怒川内
  • 鬼怒川温泉駅 徒歩15分
  • 9:00~19:00(L.O.18:30)
  • 不定休