けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【山梨土産】桔梗屋「桔梗信玄餅吟造り」「桔梗信玄餅」食べくらべてみたぞ

この記事をシェアする

プレミアムとの食べ比べ 

f:id:kedamatoriko:20180420135651j:plain

おはようございますーけだまです

 

JR甲府駅改札外に「あら、プレミアムの桔梗信玄餅があるぞ」ってことで食べ比べふたつめ 桔梗屋で作られている桔梗信玄餅の味くらべ

 

桔梗信玄餅と金精軒の食べくらべはこちら

 

信玄餅はふたつの会社が作ってます 

  • 金精軒(きんせいけん)「信玄餅」
  • 桔梗屋(ききょうや)「桔梗信玄餅」

 

今回紹介するのは桔梗信玄餅が作っている

  • 桔梗信玄餅「普通味(ノーマル)」
  • 桔梗信玄餅「吟造り(プレミアム)」

 

桔梗信玄餅 2個入り 328円(税込) 

多くの人に愛される、山梨の代表的な銘菓です。“ふるさとの味”をコンセプトに、手作りの味わいにこだわっています。
小さな容器にきな粉をまぶした3切れのお餅が入っています。当社特製の黒蜜をかけてお召し上がりください。

桔梗屋ホームページより引用

f:id:kedamatoriko:20180420135903j:plain

いつもお見掛けする味、東京でもお会いできますよ 2個入りは山梨周辺でしか見当たらないかな、どうでしょう 

 

 

桔梗信玄餅吟造り 2個入り 432円(税込)

原料に一層こだわった、こだわりの味。お餅は甘さを抑え、きな粉には極上の丹波種の黒大豆を使用しました。また、蜜は黒蜜に国内で採れたアカシヤの蜂蜜を加え、一層コクのあるまろやかな味わいに仕上がっています。 

桔梗屋ホームページより引用

f:id:kedamatoriko:20180420140028j:plain

ピンクが可愛い こちらはJR甲府駅構内ではお目に掛からなかったような 改札外の黒蜜庵で山盛りになって積まれてました

 

ノーマル味と比べると、お値段100円近く違うのね

 

 

パッケージがどちらも可愛い

f:id:kedamatoriko:20180420140144j:plain

食べ比べセットなんてあったらいいのにー なんて思いました(書きながら)

 

広げてみたらこんな感じ

f:id:kedamatoriko:20180420140457j:plain
f:id:kedamatoriko:20180420140637j:plain

蜜の色が違うとか、粉の色も違っていたり 並べるとよくわかります

この食べ方はプレミアムでやってはいけません 

f:id:kedamatoriko:20180420140729j:plain

吟造りの包みはビニールじゃありません 下に蜜が浸みます 吟造りは間違っても特急かいじ号で広げて食べちゃだめですよ べたべたになっちゃう

 

我が家のテーブルもべたべたになりました 

 

ノーマル桔梗信玄餅はビニールなので、大丈夫(この食べ方を推奨してるんだよね、たしか) 

 

細かい粒々、蜜の薄さがポイント

f:id:kedamatoriko:20180420140829j:plain

パッケージにもありますが「砂糖控えめ」ノーマル味に慣れちゃうと「やや薄い?」そんな印象

 

後からノーマル食べると濃いような...

f:id:kedamatoriko:20180420140906j:plain

 

プレミアムは素材にこだわった桔梗信玄餅、あっさり感がいいぞ

 

桔梗信玄餅に慣れてしまった人にオススメ、食べ比べもありなんじゃないかな

 

金精軒の信玄餅と桔梗屋の桔梗信玄餅より、味の違いはわかりやすいかな

 

つらつらっと

桔梗信玄餅食べ飽きたって人、少なからずいるはず そんな人へのお土産に吟作り(プレミアム)いかがでしょう

 

プレミアムは山梨県外でみたことないかも、けだまとりこでした