けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【松本駅弁】イイダヤ軒「安曇野ちらし」野沢菜と梅の酢飯と茶そば寿司が長野らしい

この記事をシェアする

2016年11月現在、850円

f:id:kedamatoriko:20180918102547j:plain

おはようございますーけだまです

 

 

イイダヤ軒貴重な「ちらし駅弁」紹介しますよ

 

松本って?

f:id:kedamatoriko:20160506121258p:plain

みっともない地図を掘り起こしてきました 

 

イイダヤ軒は松本市唯一の駅弁屋

JR松本駅を出て、左手に見える観光ホテル その下に暖簾が掛かったお蕎麦屋、そのちょい脇には駅弁紹介されてるガラス張り、白い建物がイイダヤ軒

松本市|弁当・信州そばのイイダヤ軒 :: 公式サイト

 

駅弁漫画でもおなじみ(昔の月見五味めしを紹介されてる漫画があったぞ)知ってる人は知ってる駅弁屋でいいかな

大正九年に創業し、90余年に渡り松本駅の駅弁を調製・販売しております。

イイダヤ軒HPより引用

お蕎麦屋さんの話

イイダヤ軒駅弁

www.kedamatoriko.com

 

安曇野ちらし 850円

信州、安曇野の春をイメージした、ちらし弁当です。たまごの黄色、鮭や田麩・レンコンの赤色、菜の花やタラの芽天ぷらの緑色、竹の子の白色、しいたけの黒色、春らしい華やかな彩りになっています。

イイダヤ軒HPより引用

f:id:kedamatoriko:20180918103125j:plain

f:id:kedamatoriko:20180918103308j:plain

見た目が綺麗、だけどなんでしょうこのお魚さんは...綺麗な花には棘があった

 

イイダヤ軒のちらし弁当はこれだけかな

 

f:id:kedamatoriko:20180918103509j:plain

 

  • タラの芽天ぷら
  • 茶そば寿司
  • 杏ワイン煮
  • さくらんぼ
  • 金山寺味噌
  • くるみ
  • ミニしょうゆ

 

茶そば寿しは口に入れてから「あ、これそばだった」びっくりしたぞ タラの芽入りとはさすがイイダヤ軒

f:id:kedamatoriko:20180918103624j:plain

 

  • 酢飯
  • 菜の花
  • 姫竹の子
  • 紅しょうが

 

「酢飯の中に野沢菜と梅がほんのりちりばめられてた」

 

梅も野沢菜も得意ではありませんが、さっぱりしてて良かった ほんのり入ってる所がポイントだ 白いご飯の中にポツンって見えるのが野沢菜だぞ

 

記憶に残るオカズがけっこう入ってた

鮭を食べた後にご飯食べたら「あれこれ酢飯だったか」鮭は刺激的だった

 

食べ方の例 酢飯→金山寺味噌→酢飯→鮭→その他→酢飯...

酢飯が進む進む

 

鮭が酸っぱくて驚いた

酢飯以上に酸っぱかった 普通の鮭では満足できなかったんでしょうね、さすがイイダヤ軒 濃厚おかずしっかり入ってます、これこそイイダヤ軒

 

ガツンと来るなにかを入れちゃうのがイイダヤ軒

 

くるみに味噌

これだけはごめんなさいでした...くるみと金山寺味噌は悪くない たまたま苦手なだけだった この味噌けっこう濃厚だった

 

金山寺味噌って

金山寺味噌(きんざんじみそ)は、和歌山県、千葉県、静岡県等で生産されている味噌の一種。

ウィキペディアより引用

ここは和歌山でも千葉でも静岡でもないけどね めっちゃ濃厚味噌だった これを食べながらお酒飲んだら至福のひと時かしら

 

ちなみにこの味噌知りませんでした

 

つらつらっと

そういえば「お肉」が入っていませんでした 食べてから気が付きましたよ イイダヤ軒の中でもあっさりな駅弁でしょう(さんざん書きましたが、味噌は別として)

 

松本・イイダヤ軒はお隣の市にある「塩尻・カワカミ」の駅弁屋と対照的な駅弁を作っているような

 

 

 

イイダヤ軒の駅弁、松本駅でぜひどうぞ けだまとりこでした