けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【伊勢名物】今更ですが「赤福」2個入りは嬉しい【京王駅弁大会2017】

この記事をシェアする

2個で満足しあわせ

f:id:kedamatoriko:20180109110947j:plain

おはようございますーけだまです

 

駅弁大会2017どうだった?

今年は初の開店前からの参加に&開催中に3回もお邪魔しちゃったり

 

よくやったわたし、なんて自分で自分を褒めてみました 迫力ありました 食べたものは上記の中で紹介してたり、トータルでけっこう使いました

 

物産展参加する人はグルメな人が多い

 

これが一番勉強になりました

 

来年も参加するぞ 整理券駅弁今度は2個ゲットしたいぞ なんて今から来年の話をするあたりがさすがわたし

 

赤福って?

ここではあえて触れませんが、とある事件で赤福の存在を知ったぐらい、西のお菓子にはめっきり弱いです

 

京王百貨店では12日間ずっと赤福コーナーがありまして、売店の隣に茶屋が用意されてるという「赤福と京王百貨店の関係」が気になるところでもありますが

 

この赤福茶屋に気が付いたのは、後半戦初日というアホなわたしがここにいます 三重県といえば赤福なのかな

 

三重県って?

名古屋にも京都にも行ったことあるのに、三重県に行ったことないのはなぜだろう?東海道新幹線が微妙に三重県をスルーしてるからかしら...

 

なんて思ったのですが、お隣奈良にも修学旅行で行ったのですが、やっぱり三重県にはお邪魔してない...三重県...いつかいきたい

 

赤福餅とは?

伊勢名物 赤福

赤福餅の誕生は、いまからおよそ300年前の宝永四年(1707年)。
赤福餅は、お餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子です。形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しています。

名は「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字いただき、「赤福」と名付けたと言い伝えられております。

赤福ホームページより引用

f:id:kedamatoriko:20180109111024j:plain

2個入りを購入しましたよ

f:id:kedamatoriko:20180109111050j:plain

 

赤福の歴史

1707年赤福創業 2007年に創業300年で、ニュースになったあの話からもう10年なんですね、早い

 

つい最近のことのような、当時は相当大変だったと思いますよ

 

こんな感じよ

f:id:kedamatoriko:20180109111112j:plain

f:id:kedamatoriko:20180109110947j:plain



園八のあんころ餅と比べると大きめで色もちょい赤で潰れてなくて、そして可愛いぞ

 

赤福 2個入り 240円

f:id:kedamatoriko:20180109111204j:plain

箱もお洒落だし、お皿に載せたら贅沢に見えます

 

どんな感じ?

f:id:kedamatoriko:20180109111243j:plain

あんこの厚みもなかなか、お餅もみょーんと伸びます 付いていた串でみょーんってやったらちょっと乱れました それだけお餅ってことで許してください、たっぷりのあんこがポイントでしょうか

 

園八のあんころ餅と比べてみて

駅弁大会で一緒に購入して、日持ちがしないあんころお餅を先に食べました その次の日まったりとそして贅沢に赤福をいただきました

時間経ってからの食べ比べで申し訳ないですがっ 

 

ひとつぶの大きさは?

赤福のほうが大きい!500円玉サイズが赤福だったら1円玉サイズがあんころ餅な感じ

 

甘さは?

赤福のほうがガツンとくる甘さでした

 

あんころ餅が甘さ控えめだからか、そう感じたのかもしれませんが、甘いお餅が好き!って人は赤福オススメ(差し入れした人の感想は赤福が好み!って言ってました)

 

餅ののび~具合

赤福のお餅は、あんころ餅に比べて伸びがいい

 

餅の大きさもあると思いますが「のび~っていうお餅を楽しみたい!」という方にオススメなのが赤福かな あんころ餅と比べるとなので、ほかの餅菓子と比べちゃうとどうでしょう

 

 

つらつらっと

園八のあんころ餅もそうですが、有名和菓子を食べてきてない人生じゃない!と今回の駅弁大会で反省しているところでございます、和菓子も好きなんですよわたし

 

後輩にも買ったら「ちょうど赤福食べたかった」そりゃよかった 赤福ファンが身近にいて嬉しい

 

みなさんはどこの和菓子が好きですか?お菓子大好きけだまとりこでした