けだまとりこの備忘録

駅弁食べたり、喫茶店でまったりしたり。

【つらつらっと】大掃除がけっこう面白い、なんていえるようになったか

この記事をシェアする

最初は胃が痛かった

f:id:kedamatoriko:20180625062802j:plain

おはようございますーけだまです

 

会社の大掃除なんて、オシャレなことをはじめた2018年の梅雨 思うように行くこともあれば、まだまだだなーなんて考えることもあったり

 

www.kedamatoriko.com

 

学んだことあれこれ

 

引き継ぎなってないと人生の先輩に怒られた

会社の在籍期間はわたしのほうが長いですが、人生の先輩はやっぱり経験豊富、厳しいことがウリのおじさま「何がどこにあるか書いとけ(゜レ゜)」はい、ごめんなさい 

 

次の掃除も「違う!」なんて、おじさまに突っ込まれるんじゃないかと、大掃除最初の数回胃が痛かった 

 

これが新人の気持ちか、忘れちゃいけないこの気持ち やってやるぜ

 

片付けたことに気がつく人、気がつかない人

思っていた以上に「どこ片付けたんでしょうか?」なんて反応に驚いた そっか気が付かなかったのか ふーん ってあれ、これってさ「逆の立場だったらまずいんじゃないかい」

 

例えば、後輩が「掃除したんですよ」わたし「へー(気が付かなかった)」後輩「(こいつに二度と話しないぞ)」

 

後輩がやったいいことに、しっかり気が付ける先輩になりたい

 

掃除したことに気が付く人って、掃除する人だったり 気が付いてくれた人は普段から片付けやってる人かも ひとりでも「綺麗になりましたね」この言葉貰えただけでもお給料以上の価値があるんじゃないかな、実際時給以上の喜びと満足があったな

 

家事も仕事も、気が付かないが当たり前ぐらいに思っていた方が気持ち楽だきっと 相手に求めない、まずは自分自身で満足することからだ 

 

会社の掃除、片付けもっとやりたいやらせて\(^o^)/

 

明日も片付け頑張ろう、今日は短くけだまとりこでした