けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【日光土産】わたしが食べた「きぬの清流」味をまとめてみたぞ【鬼怒川土産】

この記事をシェアする

秋はやっぱり栗が人気

f:id:kedamatoriko:20171012103747j:plain

おはようございますーけだまです

 

栃木県日光市でおなじみの土産菓子「きぬの清流」いままであれこれ食べてきました 紅葉シーズンなのでまとめたぞ 通年販売味から、季節限定味まで、あれこれ紹介 

 

 

栃木県日光市って 

f:id:kedamatoriko:20170224120111p:plain

佐野が目立ってますが、佐野や鹿沼より北、県庁所在地宇都宮の西側に位置しますよ 日光市の紅葉は中禅寺湖付近からいろは坂へ、いろは坂が落ち着いてきた頃に鬼怒川温泉界隈の紅葉が見頃を迎えます 

 

中禅寺湖周辺も、鬼怒川温泉周辺も、今市周辺もすべて日光市、広いぜ日光市

 

きぬの清流は日光国立公園銘菓ですよ

日光国立公園は、昭和9(1934)年12月4日に誕生した、我が国最初の国立公園の一つです。公園区域は福島、栃木、群馬の三県にまたがり、その総面積は114,908haです。

環境省ホームページより引用

ざっくりいうと、めちゃんこ広い公園だった 

 

鬼怒川温泉にある虎彦製菓

虎彦製菓株式会社

1956年創業、鬼怒川温泉駅から30分程歩いた場所に工場がありますよ 鬼怒川温泉界隈だけでなく、日光界隈でもおなじみの和菓子 鬼怒川・日光にあるお土産屋に必ず置いてある和菓子が「きぬの清流」

 

きぬの清流とは

日光国立公園銘菓『きぬの清流』の特徴は、油、水を一切使わずに上質な小麦粉と全卵を焼き上げた和風クッキーです。

虎彦製菓ホームページより引用

 

独特の生地すぎて、好みが分かれる和菓子 東京では日光甚五郎煎餅ならお見掛けしたりしますが、きぬの清流は東京でまず見掛けないな 正直華やかさがあるかと言われると(涙

 

栃木の道の駅でも扱っている所と、そうでない所があったり、栃木県のお菓子の中でもマニアックな部類に入るのか、そうなのかきぬの清流、頑張れきぬの清流

 

きぬの清流の本気をココで見せたいな

 

 

きぬの清流 栗 5個入り 450円+税

白砂糖とくちなしの実を加えて煮込んだ、栗の甘露煮の風味と心地よい口あたりが自慢です。刻んだ栗と蜂蜜を白餡に練り込んで和風クッキーに挟みました。

虎彦製菓HPより引用

f:id:kedamatoriko:20171012105228j:plain

秋の味といえば「栗」女性と秋と栗と芋はぜんぶひっくるめちゃっていいよね 栗ペーストと生地はいい感じにマッチ とちおとめ味やチョコ味と比べると、控えめな味だったかな 一年食べてないよ、ゴメン 

 

紅葉シーズン一番売れる味でいいはず 夏の鬼怒川温泉駅の売店では5個入りお見掛けしてなかったぞ 残暑に確認したときには「とちおとめ」「小豆」5個入りはあったかな

 

8個入りの箱に入ったものや、きぬの清流詰め合わせにも栗味入ってますので、ぜひ紅葉シーズンに食べて貰いたいぞ

f:id:kedamatoriko:20171012105231j:plain
f:id:kedamatoriko:20171012105229j:plain

 

 

きぬの清流 とちおとめ 5個入り 450円+税

栃木県のブランド苺、とちおとめの味を和風クッキーでサンドし ました。とちおとめピューレをふんだんに白餡に煉り込みました。

虎彦製菓HPより引用

f:id:kedamatoriko:20171012113919j:plain

一年中通して人気の味はこちら「とちおとめ」発売開始してもう5年以上かな この味がヒットしちゃったからか知りませんが、山柿が終売しちゃったのではと勘繰ってます

 

むしろ今まで、とちおとめを使った清流を作らなかったことが不思議 けっこう酸っぱい、5歳の娘にも好評の味 若い子にもこれだったら受け入れられるんじゃないかな、和菓子好きなあの娘にどうかしら 

 

旦那さんが奥さんにお土産で買うイメージ

 

f:id:kedamatoriko:20171012114016j:plain
f:id:kedamatoriko:20171012113948j:plain

 

 

きぬの清流 チョコレート 750円(税込)

f:id:kedamatoriko:20171010102514j:plain

最近も紹介しましたが、2017年秋の新商品 常温で食べてみたり、冷やして食べてみたり、ちょい温い状態で食べてみたり 温い状態が意外に好みだったのは内緒

 

2017年秋現在、サイズは6個入りのみ 持ち帰りに多少振り回しても中身が守られる構造は嬉しい その分金額に入っているっぽい きぬの清流小分け包装はチョコレート味のみなので(ほかは紙に包まれてます)かなり助かるぜ

 

若い子向けのパッケージと味、きぬの清流の新しい幕開け ファンとしてはワクワクですよ

 

f:id:kedamatoriko:20171010102512j:plain
f:id:kedamatoriko:20171010103539j:plain



きぬの清流 山桜 5個入り 450円+税【春限定】 

南伊豆の塩漬けされた桜葉を白餡に煉り込み、クッキー2枚でサンドしました。

虎彦製菓HPより引用

f:id:kedamatoriko:20171012114631j:plain

春限定の人気味、しょっぱさの中に甘さが際立つ味 桜ビジネスとはこのことですよ とちおとめの味と一緒に買っていく人多いんじゃないかな わたしの好きな味のひとつでもありますよ

 

2月から4月までの限定商品 GWもお土産屋の在庫次第では取り扱いあるのでは 

 

鬼怒川温泉でピンクのお土産って、とちおとめを使ったお菓子会社が作ったお菓子ぐらいじゃないかしら ピンク色のお土産ってだけで貴重だと思うのは間違ってるかしら

 

f:id:kedamatoriko:20171012114200j:plain
f:id:kedamatoriko:20171012114202j:plain

 

 

 

きぬの清流 小豆 5個入り450円+税

f:id:kedamatoriko:20171012115419j:plain

ごめんなさい、買ってません 鬼怒川温泉の宿にて頂きました 鬼怒川界隈の旅館や宿の茶請けは全部きぬの清流なのでは 最近泊まった旅館にあったような 

 

あまりにも普通な和菓子なので、わたしはイマイチ 小豆よりほかの味を選んでしまいますが、普通の味が食べたいという人には小豆がオススメ  

 

旅館で美味しいと思ったら、駅周辺のお土産屋でぜひ試食して好みの味を選んでほしい

f:id:kedamatoriko:20171012115335j:plain
f:id:kedamatoriko:20171012115419j:plain

 

 

きぬの清流 茶の香り 5個入り 450円+税【初夏限定】

名高い京都・宇治の茶葉と、北海道産の鹿の子小豆を白餡に混ぜ込み、和風クッキーでサンドしました。日本茶のほろ苦さと深い香り、鹿の子小豆のさっぱりとした甘さのコンビネーションです。

虎彦製菓HPより引用

写真が無くてごめんなさい この味もわたし好き 清流シリーズでほろ苦味は茶の香りだけかな 5月から8月まで  黄緑色のパッケージが爽やかでいいよ

 

鬼怒川・日光オススメ土産など

 

過去にあった味あれこれ

きぬの清流 山柿

秋に大活躍した味、きぬの清流、パッケージはもちろんオレンジ 過去最高に一番地味な味だったはず よく味わって食べないと「柿味かしら」って頭にはてなマークが付いた過去 

 

疲れてる時に食べると「柿ペーストだな」ってしみじみ思いながら食べたな もう5年以上前 とちおとめ味が出た辺りでお見掛けしなくなった味

 

きぬの清流 メープル 

これ好きだったんだけどな、わたしの中でホットケーキ味って勝手にいってた 茶色いパッケージがちょっとはちみつ好きのクマを彷彿させたぞ わたしだけかもな

 

一番復活してほしい味、あまあまなメープルと生地が好きだったぞ

 

きぬの清流 ブルーベリー

たぶんこれも人気味だったと思うんだけどな 10年近く前に鬼怒川温泉で買って、たくさん積み重ねて、ケーキっぽくして食べた若かりし思い出 

 

きぬの清流 青梅

わたしが梅苦手なので、記憶が曖昧というか 一回だけ買って食べて酸っぱかったような 曖昧でごめんなさい わたしの過去記事に書いてあったのに、忘れてた味 初夏の味だったような 梅ペースト入ってたはず

 

 

食べるときの注意といえば、生地が柔らかいから

気を付けて食べないと欠片がポロポロ落ちます(涙 

 

繊細な和菓子なので、持ち歩きの時点から気を付けないと、食べてる最中に悲惨な目に合いますよ 和風クッキーといわれるのはコレかしらね(違うか

 

 

つらつらっと

きぬの清流と出会って10年以上、わたしにとって涙あり、笑いありの和菓子 若い子が手にとって「コレ美味しいんだよ」なんて言ってくれた日には、心の中でめっちゃ喜びます 

 

鬼怒川温泉、日光界隈の土産屋に90パーセント以上置いてある「きぬの清流」栃木の味としてひとつよろしくお願いします けだまとりこでした

 

日光・鬼怒川人気の土産あれこれ