けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【喫茶店】御茶ノ水駅すぐの老舗「喫茶穂高」60年の歴史が詰まった優しいお店でした

この記事をシェアする

老舗喫茶店に入ろう

f:id:kedamatoriko:20170609123805j:plain

おはようございますーけだまです

中央線の新宿より東京方面は滅多にお邪魔しない未知のエリア

 

ドキドキしながら周辺お散歩、ぐるっとまわって、帰ってきたらやっぱりここでした 

 

 

ということで、御茶ノ水の老舗喫茶店 

 

穂高という名前に惹かれて

 

御茶ノ水って?

けっこう老舗喫茶店があるらしいぞ 歩いて秋葉原や神田、東京も?大学が多い街だって初めて知りました、道を歩けば大学に当たるのかしら

www.asasikibu.com

朝さんの記事がドストライク、わたしはあかりちゃん話がツボでした(神田明神話)

 

神田明神の記事を貼るかまとめかで迷いましたが、徒歩圏内で全部行けるこちらがオススメ 30年以上東京で暮らしていても、知らないことだらけ

 

JR御茶ノ水駅からすぐのこちら

 

入りにくい空気が漂ってたんですよ

f:id:kedamatoriko:20170609123850j:plain

「珈琲と山の音楽 穂高」から「珈琲 穂高」へ 喫茶店の歴史がここで伝わってきます この看板をあえて残しているのでしょうね 看板1つに歴史を感じます

f:id:kedamatoriko:20170609123933j:plain

地図や地域の説明がいくつも

 

 

この地図がもしかしたら、近寄りがたい雰囲気を出しているのかもしれない

 

 

よーく見てみましょう

f:id:kedamatoriko:20170609124018j:plain

甲武鉄道おおおお

ってわたし聞いたことある!わたしの行きつけの歯医者の先生が、甲武鉄道の歴史を治療中ずっと語ってたあれだよあれ!!

 

治療中にずっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと語ってた、名前しか記憶ない

 

「marcoさーーーーーん!!!」

garadanikki.hatenablog.com

 

「まぁーったーあんた地図見つけてきたんかい!?」

 

なんて迷惑な女、それがけだまです

marcoさんには大変お世話になっておりまして、後日紹介する「万世橋駅があった場所」に隣接?するカフェはmarcoさん情報無くして辿り着けなかったのです!

 

いつも素敵な情報ありがとうございます^^

f:id:kedamatoriko:20170609124039j:plain

甲武鉄道って?

甲武鉄道(こうぶてつどう)は、明治時代に日本に存在していた鉄道事業者である。

ウィキペディアより引用

中央線の前身でいいんですよね?

 

歯医者での治療中の記憶というのは恐ろしいもので

「先生がひたすら何かを喋っていた」記憶だけを残しました 

 

歯医者の先生「甲武鉄道がねぇ」「松本城は見てこい!」数々の名言を残してます

 

おかげさまでこのブログは歯医者の先生あってのブログです、先生いなかったら松本城はまだ見てなかったのかもしれません!

 

だいぶ話が逸れましたがっ

 

喫茶 穂高

f:id:kedamatoriko:20170609124125j:plain

創業60年のこちらのお店、他のかたのブログを拝見すると10年ほど前に建て替えられたそうですね 創業60年の割に綺麗なわけですよ

 

お店に入ったきっかけはこの「穂高」という文字ですね、長野県の松本から少し先にある「穂高」という駅を知っているわたしとしてはこりゃ入らねば!となったわけです 

 

もう何年も穂高駅を見ていません、昔は穂高駅にちょっぴり?お世話になっておりました 

 

10年ぐらい前かな? 

 

昔の特急あずさは白馬や南小谷までよく延長してたのですよ

 

現在は朝の千葉始発、南小谷行きの特急あずさを残すだけ、夏に臨時で白馬行きが走るかな

 

放送で「穂高○時○○分着」とか聞くと興奮するのはわたしだけ?特急停車駅なので穂高の名前は今でも放送で聞けます

 

店内のようすは?

シニア層で賑わってました 若い人は店員さんだけでしたね

 

4人掛けテーブルが9つぐらい、カウンター席ちょっぴりとゆったり出来る居心地のいい喫茶店

 

店内は喫煙可ですが、席と席が上手い具合に配置されているため、そこまで煙草の煙を浴びることはなかったですね

 

平日のお昼前はわたし含むおひとりさま

 

店内一番奥の「めっちゃ居心地のよさそうだねその席!?」窓ガラス越しの景色を見ながら談笑しちゃってるそこのおじいちゃんたち!

 

そこの席はまさしく特等席、わたしがいた1時間、奥の特等席は終始賑やかでまったく帰る気配ありませんでした たぶん常連さんじゃないかな?

 

「奥の特等席どんだけ居心地いいんじゃい」って背中で感じてました

 

ほかの方のブログを読むと、「山小屋をイメージした店内」だそうで、ああーなるほどと思わせる柱や天井

 

ピンクの公衆電話!平成生まれには使いこなせまい!?なんておばちゃんもピンクの公衆電話よりテレホンカードの公衆電話世代なのでいやはや 

 

JR時刻表(ダイヤ改正版)の付録見てニヤニヤしてました ただの変態です

 

モスグリーンのソファーがまた固めで座り心地がいいんですよ 

 

店内の絵が素敵だったの

壁にいくつか絵が飾られてますが、ひときわ大きく素敵な絵は「岐阜県 恵那山(えなさん)」

 

山についてはさっぱりですが、このお店に飾られてるからこその絵じゃないでしょうか お店のおねえさんが優しく教えてくださいました

 

ウィンナコーヒー 650円

f:id:kedamatoriko:20170609124227j:plain

想像していた「生クリームがっつり系」

でなくて、もう珈琲と一体化していたウィンナコーヒー 

 

これはこれでありですね 

 

白いシンプルなカップに赤いノート

 

生クリームの後に珈琲の酸味がほんのり感じられました 

f:id:kedamatoriko:20170304092654j:plain

 大人のウィンナコーヒー

 

トースト 350円

f:id:kedamatoriko:20170609124254j:plain

あまりにも居心地が良いので追加してもうた

 

マーマレードジャムとバター

f:id:kedamatoriko:20170609124321j:plain

マーマレードジャムの酸味がまた次のパンへと手を伸ばす、そうです

 

「トーストが好きだぁあああああああ」

 

至福のひと時ですね、トーストに珈琲と贅沢してます

f:id:kedamatoriko:20170609124350j:plain

艶っぽい、セクシーなパンに仕上がってますね☆

メニューは?

飲み物

  • 珈琲      500円
  • 苺ミルク    700円
  • ミカンエード  700円
  • バナナジュース 700円
  • アイスコーヒー(4月より夏季限定)
  • アイスカフェオレ(夏季限定)

などなど

アイスコーヒーやカフェオレの値段わからないですごめんなさい~

 

食事物やそのほか

  • トースト 350円
  • アイスクリーム700円など

お腹にたまるものはトーストだけかな?ほか見当たらなかったですね

 

モーニング 朝10時まで

  • 珈琲、紅茶、ミルクどれかとトーストのセット 700円

モーニングはやっぱりお得

 

30年以上の老舗喫茶店【都内】

 

 

つらつらっと

今回も話の脱線が多くてびっくり

 

最後にこちら穂高といえば安曇野市!安曇野市ってどういうところ?というわけでこちらの記事を最後に 長野県安曇野市は松本市から北へ、自然豊かな素敵な所ですよ!

 

柏矢町をいまもひゃくやちょうと読んで変換されなく「おかしいなぁ」

正解ははくやちょう!

 

そんなこんなで老舗・穂高の名前にはたくさん詰まってた!

なんて〆で宜しくお願いします けだまとりこでした

waterman.hatenablog.jp

 

 

 店舗情報

  • 千代田区神田駿河台4-5-3 御茶ノ水穂高ビル1F
  • JR御茶ノ水駅 聖橋口徒歩1分
  • 8:00~21:00【月~金】
  • 8:00~19:00【土】 
  • 日、祝定休