けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【駅弁】崎陽軒の高コスパ駅弁「横濱チャーハン」600円台の奇跡

この記事をシェアする

2017年冬現在630円

f:id:kedamatoriko:20171114122759j:plain

おはようございますーけだまです

 

久々の新規駅弁、やっと食べたよ崎陽軒の横濱チャーハン

 

東京でもおなじみ「崎陽軒」駅弁だぞ

 

崎陽軒って?

横浜名物 シウマイの崎陽軒

株式会社 崎陽軒(きようけん)は、神奈川県横浜市西区に本社を置く、主に焼売(シウマイ)の製造販売ならびにレストラン経営をおこなう企業である。

横濱名物のシウマイ(崎陽軒の焼売はシウマイと表記する)、駅弁の「シウマイ弁当」を製造、販売していることで有名である。

ウィキペディアより引用

 

JR新宿駅構内や、西武新宿線高田馬場駅構内でも購入できたりと、都民にとってもなくてはならない駅弁でよいのかしら 東京駅に崎陽軒「シウマイBARがあったり、駅弁だけじゃないわよ っていうシウマイの王者(なんか違うか)

 

横濱チャーハン 630円

半世紀以上に渡り愛され続ける、隠れた名品。昔ながらのヤキメシの面影が残る懐かしい風味と、パラッとした食感が人気のチャーハンが自慢のお弁当。

崎陽軒HPより引用

f:id:kedamatoriko:20171114123429j:plainf:id:kedamatoriko:20171114123508j:plain

崎陽軒の駅弁の中でも大きくはないですが、びっしり詰まった内容 ちゃんとシウマイも2個入ってますよ シウマイ弁当が830円に対してこちらは630円と驚き 

 

過去に一度購入したことありますが、改めて食べて「崎陽軒ってまじで凄い」感動しちゃいました 他の駅弁屋も見習ってほしい(ハート)

 

シウマイにからしちゃんと入ってます

f:id:kedamatoriko:20171114130904j:plain

崎陽軒の駅弁に無くてはならない「シウマイ」冷めても美味い、さすが崎陽軒 ぷりっぷりだけじゃない、歯ごたえと食べ応えも兼ね備えた小さな妖精

 

主役はシウマイではなく、チャーハン

f:id:kedamatoriko:20171114131449j:plain

うおおおお冷めても美味いチャーハンって、やっぱり凄い しかし、勢いよく食べすぎて「お、こってり感がやってきたぞ」という時のためにあれこれ入ってるわけですよ

 

チャーハン食べてる途中で食べるべし

f:id:kedamatoriko:20171114131341j:plain

崎陽軒のシウマイの次に人気があるとか「筍煮」チャーハン食べて、筍煮、それからチャーハンが正解でしたね わたしはチャーハン完食してから筍煮を食べた愚か者

 

チャーハンの玉子がまた大きい

f:id:kedamatoriko:20171114131854j:plain

手を抜いてないのが、玉子から伝わってきました

 

鶏のチリソースも食べ応えあった

f:id:kedamatoriko:20171114131955j:plain

硬いかな?と思ってみたら、からあげよりちょい柔らかいかな チリソースもそこまで辛くなかったので、子どもでも大丈夫かな(小さい子には微妙かも)小学生以上であれば受け入れられそうな辛さ

 

この駅弁は東京工場で作られてますよ

崎陽軒の駅弁は東京でも作られていたんだぞ 

 

工場は本社の地下(本社工場)と横浜市都筑区(横浜工場)東京都江東区(東京工場)の3か所に所在する。

ウィキペディアより引用

 

わたしが過去に食べた「横濱ピラフ」(新宿駅構内で購入)は東京工場、「シウマイ弁当」「幕の内弁当」(みなとみらい線の駅で購入)は本社工場で作られてますね

 

我が家の掛紙を確認したら「おお、なるほど」崎陽軒ファンは作る場所まできっとこだわって購入してることでしょう

 

崎陽軒駅弁やほかも

 

つらつらっと 

久々に駅弁食べたよー 最近はめっきりご無沙汰だったので、どうやって駅弁記事書くんだっけなと戸惑いながら書きました やっぱり崎陽軒は凄いよ

 

横浜の味でもあり、東京でもおなじみの味「崎陽軒」これからもこの味を守り続けてくださいな、次は崎陽軒なに食べようかなーな、けだまとりこでした