けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【土産】昔ながらの土産菓子「ふる里のあけび」鬼怒川と日光を代表するお土産のひとつ

この記事をシェアする

栃木の味として有名かな

f:id:kedamatoriko:20171018184217j:plain

おはようございますーけだまです

 

日光・鬼怒川温泉の代表土産といえば「きぬの清流」あと、もうひとつに「あけび」すっかり忘れてましたあけびさん 栃木銘菓の紹介ですよ

 

日光市はけっこう広かった

f:id:kedamatoriko:20170210142404p:plain

何度もこの地図を使ってます、使いまわしてごめんね>< 

 

日光界隈で「あけび」というと通じるかな 鬼怒川温泉駅の売店と東武日光駅売店(どちらも東武商事)あけびを扱っていなかった事実 

 

鬼怒川温泉の売店「だいぶ前に取り扱いやめちゃったー」

わたし「なんですって!?」

 

あけびが駅の売店に無いですって

 

ってことで、探しました 東武日光駅の大きい売店(松廼家の駅弁売ってるほう)で扱ってたー よかったよかった

 

公式ホームページ無いっぽい、あけび

 

ふる里のあけび 4個入り 380円(税込)

f:id:kedamatoriko:20171018184444j:plainf:id:kedamatoriko:20171018184431j:plain

写真見て「あーこれね」って人いるかしら コレですよコレコレ 栃木にお邪魔するようになって10年以上、初めて買ったよあけびさん 

 

過去に差し入れでちょいちょい頂いていたので、味は知ってます(*^_^*)

 

生地はシュークリームっぽいのか、エクレアっぽいのか 

f:id:kedamatoriko:20171018184217j:plain

袋から取り出すと、洋菓子に見えなくもないかな

 

手のひらサイズの可愛い和菓子

f:id:kedamatoriko:20171018184722j:plain

さっくりのような、しっとりのような生地と、ちょっとだけつぶあんの食感が こしあんっぽいけど実はつぶあんだったのね

 

一口サイズですが、ふたくちでゆっくりいただきました

f:id:kedamatoriko:20171018184723j:plain

この感じ、この感じ 鬼怒川温泉の味だー 昔も今も変わらぬ味とはこの事 

 

全国菓子大博覧会って?

全国菓子大博覧会(ぜんこくかしだいはくらんかい)は日本の地方博覧会のひとつで、和菓子を中心に、洋菓子・スナック菓子等も含めた日本最大の菓子業界の展示会である。

全国菓子工業組合連合会(全菓連)などが主催している。略称は全菓博(ぜんかはく)、菓子博。

ウィキペディアより引用

あけびのパッケージに第18回(1973年)全国菓子大博覧会で大臣賞受賞と書いてありますが、ウィキペディアに名前が無い 

 

無いぞぉおおおお

 

栃木で愛され40年以上のお菓子であることは間違いない

 

注意としては

個包装になってますが、個包装はビニールではないので、「当日中にお召し上がりください」の文字 個包装だからといって、小袋のまま長時間はまずいみたい

f:id:kedamatoriko:20171019094633j:plain

上の写真に写ってる状態、ビニールで包まれてるうちは賞味期限内、大丈夫 10月に購入、今年の年末までと書いてありましたよ(裏面に賞味期限記載)

 

つらつらっと

日光・鬼怒川の和菓子「ふる里のあけび」鬼怒川温泉駅周辺のお土産は、SL大樹のお菓子が占めるようになったりと、2017年夏から変化があるかな 大きいお土産屋になら置いてある(はず)

 

東武日光駅周辺のお土産屋には、SL大樹のお土産を置いてないと思う(思うでごめん)ので、お見掛けするのではないでしょうか

 

最後に、鷹野さんへ(id:kentaro-takano

あけび紹介は、鷹野さんからのコメントが無ければたぶん永遠に紹介しなかったのでは、なんて栃木好きのわたし反省 

 

若い人に「もう一度懐かしのあの味を」じゃないけど、こんなお菓子もあってね☆なんて会話はいつまでもしたいな 鷹野さんありがとうございました

 

昔からある栃木の味を貴方へ けだまとりこでした

 

日光・鬼怒川一番人気和菓子はこちら