けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

【栃木市】老舗味噌屋の「田楽あぶでん」田楽盛り合わせで味噌の味くらべだ

この記事をシェアする

味噌田楽を召し上がれ

f:id:kedamatoriko:20171204114338j:plain

おはようございますーけだまです

 

栃木市観光続きます、栃木市で見つけた美味しいもの

 

2017年忘年会はこちら

 

栃木市って

f:id:kedamatoriko:20171204115524j:plain

浅草や、JR新宿から特急で1時間ちょっと、けっこう近いの栃木市 栃木市駅は両毛線や東武日光線でも JR直通特急で1本で行けますよ

 

観光地としても紹介されてますが、近くに人気の佐野があるからか、やっぱみんな佐野行っちゃうよねーそんな栃木市?

 

船に乗ったあとに味噌屋に行こう

f:id:kedamatoriko:20171204113716j:plain

東武線の栃木駅から新栃木駅方面へ向かう事15分以上、例幣使街道の街並みを楽しみながらも良し、食べてから街並みをまったりするも良し、昔ながらの建物がずらっと並ぶと、あら素敵

 

わたしたちは巴波川の乗船終えて、歩いてお邪魔しました

 

油伝味噌

創業天明年間の味噌屋です。
建物は明治時代の土蔵他5棟が国の登録有形文化財の指定を受けており、その店舗の一角で味噌田楽店を併設しております。

栃木市観光協会より引用

f:id:kedamatoriko:20171207190359j:plain

この周辺、お客さんがやっぱりいなかった...

 

頑張れ栃木市...!?!?

 

うろちょろしてみるぞ

f:id:kedamatoriko:20171207190446j:plain

寒くなかったら座ってまったりしたいなぁ 

 

味噌の案内を発見、数種類の味噌が並んでる

f:id:kedamatoriko:20171207190516j:plain

味噌祭り☆ 

 

登録有形文化財という看板に驚き

f:id:kedamatoriko:20171207190548j:plain

 

 

外観だけではよくわからないから入ってみるぞ

店内も昔ながらそのまま、囲炉裏があったり、小上がりスペースもあったり、団体さん30人まで大丈夫よ!ということが書いてありましたが、本当に大丈夫な広さ

 

石油ストーブの香りと建物から発する何かと、ひんやり冷たい空気

 

メニューあれこれ【2017年12月現在】

  • 田楽盛り合わせ 530円
  • 豆腐田楽(一皿) 400円 
  • いも田楽(一皿) 380円 
  • こんにゃく田楽(一皿) 320円

などなど

 

  • ビール
  • 地酒
  • コーヒー
  • ラムネ

などなど

 

田楽盛合せ 530円

f:id:kedamatoriko:20171207190645j:plain

予想以上の絵になる田楽に大興奮 田楽で興奮したのは人生初めて 

 

出来あがるまで、おかみさんが網で焼いてる姿をわたしまじまじ、それぞれ味噌の味が違うとの事 味噌の配合が違うそう 

 

素材に合わせて味噌の味を変えるなんて、素敵過ぎます

 

こんなに美味しいものだったのね

 

せっかくなら盛り合わせをオススメしますが、数人で単品頼んでそれぞれシェアしてもいいかな 

 

木綿豆腐と味噌のバランスに、いもは里芋かな?食感と味噌が絶妙、こんにゃくの味を残しつつ、味噌もしっかり主張してます

 

ご馳走様でした

f:id:kedamatoriko:20171207190709j:plain

けっこうお腹いっぱいになりました☆

 

つらつらっと

この周辺は観光スポットにしたい栃木市と、実際の地元住民のあれこれとかあるのかな?なんて、余計なお世話です 

 

車通りがそれほど多くないので、歩けるエリアですが、子ども連れにはちょっと不向きかな?昔の道なんでしょうがないですが、もっとアピールのしかたによっては立派な観光エリアとして活躍できるんじゃないかな 外国人観光客喜びそうだよ

 

人でごった返す観光地も悪くないけど、観光地なんだけど、観光地っぽくない観光地にも目を向けてみてはいかがでしょう

 

栃木市の魅力にもっと迫りたい、けだまとりこでした

 

店舗情報

  • 栃木市嘉右衛門町5-27
  • 11:00〜16:30
  • 火曜定休(祝日は営業)
  • 駐車場(大型バス可、1台)