けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

SOU・SOUの下駄と靴下 2016 「オシャレさんって日ごろの積み重ねなんですよっ」

この記事をシェアする

普段から下駄と足袋よ!

f:id:kedamatoriko:20160620164416j:plain

おはようございますーけだまです

ぼやけた画像からスタートでごめんなさい。普段は足袋か下駄の二択です。下駄って普段履きにどうよ?って言われたらちゃんと答えたい

そんな気持ちを受け取ってもらえたらなんて思います

 

下駄コレクション 2016夏 

下駄は二足しか持ってないんじゃコレクションにならん

靴下はぼちぼち、将来的にはSOUSOUの下駄全部ゲットしたい☆

いつか足袋コレもやりたいです☆ 

 

この地方の手漉き和紙の歴史は浅く、宝暦年間(1751~1763)に山深い地域(胴山川流域)で、豊富な良質の水と自生するコウゾを刈って、誰かが紙を漉いていた、という伝承がありますが、これを裏付ける資料はありません。全国手すき和紙連合会HPより引用 

http://blog.kedamatoriko.com/entry/letter

 

 

下駄って?

下駄(げた)は、鼻緒があり底部に歯を有する日本の伝統的な履物[1]を乗せる木製の板に、歯と呼ばれる接地用の突起部を付け(歯がないものもある)、眼と呼ぶ孔を3つ穿ち、そこに鼻緒を通す。足の親指と人差し指の間に鼻緒を挟んで履く(歴史的には、人差し指と中指の間に鼻緒を挟む履き方もあった)。

呼び名の成立は戦国時代と推測され、下は地面を意味し、駄は履物を意味する。それ以前は「アシダ」と呼称された[2]。漢字は様々な字があてられていた。

ウィキペディアより引用

下駄のゴム部分アップしようと思ったのですが、綺麗じゃないので・・・

みかも焼下駄/右近(女) 麻 亜麻色(あまいろ) - SOU・SOU netshop

裏面見たい方は上ページからどうぞ!

裏はゴムなのでカランコロンいいません☆

f:id:kedamatoriko:20160617154515j:plain

 

 

靴下コレクション 2016夏

f:id:kedamatoriko:20160617154526j:plain

足袋下(踝丈)/輪になって・・・ 竜胆色(りんどういろ)- SOU・SOU netshop

初夏って感じ☆

 

f:id:kedamatoriko:20160617154542j:plain

足袋下(踝丈)/日々(ひび) - SOU・SOU netshop

ごめんなさいーこちらは去年購入したもの☆服が地味めな時によく履きます♪

 

f:id:kedamatoriko:20160617153909j:plain

足袋下(踝丈)/武者絵(むしゃえ)- SOU・SOU netshop

旦那さんに「顔物はちょっと・・・」そこがいいんでしょ!色が違うのもまた素敵☆

で次こちらー☆

f:id:kedamatoriko:20160620164047j:plain

足袋下(踝丈)/錦 深緋 - SOU・SOU netshop

服がどちらかというと地味?なので靴下は明るめで攻めました!

 

下駄ってどうよ?

下駄にもよると思いますが、超軽い!楽!慣れるまではちょっと大変かしら?下駄にはけっこう弱点がございます(けだま調べ)

良いところ

  • 軽い!!!

悪いところ

  • でこぼこ道、急な坂道は歩くの大変
  • 雨の日滑る(裏がゴムなので)汚れる
  • 鼻緒切れたら終了(一度歩行中切れた)
  • 蚊に刺される

歩き方、歩く人のセンス?

わたしは職業柄、足を引きずってしまったりと歩き方悪いです

なので下駄の裏のゴム変な具合に削れてます。下駄を履いて歩くときは気をつけて

 

下駄の三大効用

血液の循環を抹消から促進し、脳の働きを活発化させます。

足の裏に平らに体重がかかるので土踏まずが形成されます。

拇指内向(外反母趾)の矯正に極めて効果があります。  

下駄屋さんHPより引用

うーんほぼ毎日履いてますが効果はどうだろう!?脳みそ頑張ってる、かなぁ。

 

修理は?

SOU・SOUで購入したものなのでSOU・SOUで修理依頼。下駄屋さんに送られましてけっこう日数掛かったかな?切れた鼻緒は無事に元通り!修理費1,000円だったかな?ゴムの張り替えも1,000円だったような(アバウトでごめんなさい)

下駄屋さん | 斉藤桐材工業有限会社 | 徳島県三好郡東みよし町加茂

 

下駄のお値段は10,000円前後と決して安くはありませんが、一年中履いて歩くわたしからしたらお手頃でしょうか。冬は寒いので下駄より足袋が多いかな?冬の下駄もいいですよ☆

 

梅雨と下駄の相性最悪かもですが!梅雨が明けたらいかがでしょうか普段履きにも下駄どうぞ☆けだまとりこでした。