けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

しなの鉄道クルーズトレイン ろくもん 黒姫や姨捨へ 「観光列車ろくもんですよー」

観光列車ろくもん水戸岡列車

f:id:kedamatoriko:20160517060357p:plain

マツコの番組でこちらの列車発見!「あ!知ってる知ってるー!」なんて一人ではしゃいでましたっ☆とってもかっこよくてお洒落で真っ赤な列車!おやぁ・・?鉄分って何?なんて人向けのこちらのブログ、電車はそんなに詳しくないよー!

2016.4.27 信濃毎日新聞より

 「ろくもん」黒姫や姨捨へ

しなの鉄道「クルーズトレイン」

しなの鉄道(上田市)は、休日を中心に長野ー軽井沢間で運行している観光列車「ろくもん」が7月に運行開始2周年となるのに合わせ、北しなの線黒姫駅(上水内郡信濃町)やJR篠ノ井線姨捨駅(千曲市)まで乗り入れる「クルーズトレイン」を運行する。

ろくもんとは | ろくもん

f:id:kedamatoriko:20160518161041p:plain

地図に30分かかりました!苦労しました・・・だいぶアバウトなので笑って許してください。

要するにいろいろ行けちゃうようにするよ!って話だねー。

ろくもん

ろくもんって?

2年前に走り出した長野県の観光列車だよっ!赤くてオシャレな外観と内装の木のぬくもりを感じながらお過ごしくださいませ☆水戸岡鋭治デザイン列車だよん!

 

水戸岡鋭治って?

観光列車=水戸岡鋭治ってことかしらん。 

長良川鉄道の観光列車ながら運行開始 「この列車も水戸岡さんよ!」

富士山ビュー特急 4月23日運行開始 「水戸岡さん列車なのねっ 山梨県・大月駅」

今年もなんだかんだ水戸岡列車走ってますよー! 上二つに水戸岡鋭治さんのことちらっと書いてます、物足りないって?ごめんねー。

クルーズトレインって?

豪華観光寝台列車。 クルーズ船のような贅沢な旅を鉄道で提供することから生まれた和製英語。 鉄道会社の営業エリア内の観光地を数日間かけて巡るもので、座席指定ではなく旅行商品として販売される。 高級感のある客室やダイニングルーム、ラウンジ、景色が楽しめる展望車などを備えていることが特徴。 コトバンクより引用。

まーあれですよあれあれ代表的なのは「ななつ星」ですねー。

クルーズトレインは昨年11月に運行したが、今回は日帰りに加え、宿泊コースも企画。27日午前10時から予約受け付ける。 

予約受付始まってますー!

出発日は2016年7月10日(日)、8月7日(日)、9月11日(日)。

日帰りコースも設定しておりますのでこちらをどうぞ。

観光列車「ろくもん」クルーズトレインについて | お知らせ | ろくもん

www.sankei.com

ちなみにこんなのも? 

豪華寝台特急列車「トランスイート四季島」模型公開 「JR東日本の本気が詰まってる?」

わたしの得意地域の松本が入っていないのでさっぱり観光のことはわからない!わからないけどぉおおおお!長野県を堪能出来ると思います!北しなの線なにそれおいしいの?なんていったらこちら。

元気に業務 三才こども駅長 「4日しなの鉄道・北しなの線三才駅にてイベント!」

3歳の聖地がありますよー!!

 

篠ノ井線って?

篠ノ井駅から塩尻駅まで結ぶJR線です。15駅ありますー!姨捨駅は有名かな。

姨捨駅(おばすてえき)って?

日本経済新聞社の2007年アンケート「足を延ばして訪れて見たい駅」の全国第2位にランクされた(1位は北九州市門司港駅、3位が霧島市嘉例川駅東京駅は4位であった)。また2008年には全国に数ある月の名所の中から当駅周辺が第1位の「お月見ポイント」に選ばれた。高知県桂浜や滋賀県石山寺(京都東山との説もある)とともに従来から日本三大名月に数えられていた。 

ウィキペディアより引用。

名前や逸話とかいろいろ聞いたことありましたが、こんなに有名な駅だったとは知りませんでした。ろくもんで乗り入れしたらいい思い出になるんじゃないかなー!

宿泊コースは午後5時10分に上田駅出発で、姨捨駅附近から「日本三大車窓」とされる善光寺平の眺めを夜景で鑑賞。

姨捨駅って、うん、すごいね!!!書いていたら乗りたくなってきましたよー!

今はこんな感じだったりするんですよ長野県!

 

なんだか説明だけで1000文字超えましたが、長野県は鉄道に力入れてることおわかりいただけましたでしょうか?いまNHKで真田丸もやっているので上田城も熱いかなっ☆歴史はさっぱりなのでパスっ!ろくもんの名前は六文銭から来てるのかな、真田家の家紋、六文銭。

 

つらつらっと。

今は観光列車戦国時代かしらん?というぐらい観光列車たくさんあって、水戸岡さんの列車がまぶしい!まぶしすぎるよっ!!!なんて行きたいなー行きたいなーとワクワクしながら書いちゃう自分がいますが。

あれですね、5年後、10年後もめっちゃ賑わってる列車ってどのくらいあるんだろう。電車の魅力だけじゃなくて、鉄道会社や地元のみなさんの協力があっての成功であり、それから継続が求められるよね。今だけが良くでも駄目だよね。観光客が日本人だけじゃなくて外国人も取り込まないといけなくなるこれからの時代、列車も一緒に育っていけたらいいかなーなんて。頑張れ観光列車!けだまとりこでした。