けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

走る美術館 新潟~越後湯沢「現美新幹線」 「観光列車と現代アートってなんかすごいね」

上越新幹線が「走る美術館」!

f:id:kedamatoriko:20160508052927p:plain

新幹線には興味ないんです、特急列車が好きなんです!でもでもー新幹線のお勉強(自分用かい?)上越新幹線乗って現代アートを鑑賞しちゃおー!って発想が凄いね。なんか鉄道記事集めましたブログになってきたけど気にしなーいっ!鉄分が足りないアナタとワタシに贈る本日の記事。あ、今日は母の日、家事拒否券発行お願いします!!!

2016.4.30 信濃毎日新聞よりー

 

走る美術館

新潟~越後湯沢「現美新幹線」

上越新幹線で移動しながら現代アートを鑑賞できるJR東日本の観光列車「現美新幹線」が29日、運行を始めた。土日を中心に新潟~越後湯沢を1日3往復し「走る美術館として観光客の呼び込みを狙う」

www.jreast.co.jp

某駅のポスター!素敵なポスター!

いろんなところで見られたり。

f:id:kedamatoriko:20160620194221j:plain

まず新潟~越後湯沢って?一回しか上越新幹線乗ったことないー!

f:id:kedamatoriko:20160508054704p:plain

ちょっとブサカワ新潟県地図!湯沢っていうと秋田が出てくる人はわたしだけじゃないよねー!あっちの湯沢も新幹線よろしくお願いしますー!

で、6両編成で、7組の現代アーティストが各車両の内装を手掛けた。

外装デザインは「蜷川実花」うん、なんか凄いね。ヘビーローテンションのPV監督!下着姿がとっても可愛いぞっ☆でその他は?

11号車が「松本尚」、12号車が「小牟田悠介」、13号車がカフェ・キッズスペースで「古武家賢太郎」「paramodel」、14号車が「石川直樹」、15号車が「荒神明香」、16号車が「ブライアン・アルフレッド」となっている。ウィキペディアより引用

ですって奥さん!まぁ車内は美術館!!!

乗客は美術館のように、車両間を自由に行き来しながら約50分間の旅を楽しめる。

これって座席で寝てたら損だよね?そんなアナタにはグランクラスだねぇ。 

5月11日のニュースでこのような話がー

headlines.yahoo.co.jp

立席っすか!こちらに車内の様子が載ってましたので、詳しくはこちらへ!

キッズスペースあったのね!!

 

さて肝心な運用は?

まず運用って何だよ、鉄道用語かい?

運用とは、鉄道において車両乗務員を実際に運行する列車に割り当てること。 ウィキペディアより引用

6月までの運行分については全車指定席となり、11号車(座席車)のみ一般発売され、12〜16号車は旅行商品として販売。7月以降は12〜16号車を自由席として運行する予定。 ウィキペディアより引用

おっきなお友だちと小学生以上の子ども向けかしら?おっきなお友だちー!芸術ってわかるかなぁ?ちびっこ走り回るとちょっと危険な予感。カフェスペースで戦場はごめん無理っ☆新聞掲載の写真は小学生入ったばかりぐらいの可愛い男の子が写ってまーす!少年と鉄道は切っても切り離せないよねっ!写真に写る外装もなんか凄い・・・ たぶん近くで見るより遠くから見たほうがカッコイイかもっ!「黒い三連星」じゃない!「黒い新幹線!」

 

たぶん新潟の新聞だったら大々的にこの列車について取り上げてるはずなんだけど、長野県の新聞じゃそりゃ大きくは取り扱わないよねっ!文章よりカラー写真のほうがサイズが大きいのは電車への愛だねきっと。あ、忘れてた。

 

なんの車両使ってるの?

秋田新幹線で使用していたE3系!約5億円かけて改造したってさ!秋田車両センター所属ですって。新潟で走るのに不思議ー!車両センターって?電車のお家みたいなものかなぁ。

 

説明だけで1200文字超えちゃうとか、わたし何やってんだ、さすが自分用。全国で特急列車「水戸岡デザインヒャッホーイ!」な中、JRも考えてますよ、集客方法!!最近は「車窓を楽しむ・食べる」が流行ってる中、「車内を堪能する」ってなるほどなって。こちらの車両は食事に関してはそれほど力を入れてないみたい(たぶんあえてでしょう!)新潟もやりましょうレストラン列車!あーでもでもレストラン車両にするには時間が無いっすどうしましょう!じゃあ絵でも飾るべーなんて会話が繰り広げられてたらどうしましょうね。

www.jrniigata.co.jp

www.jrniigata.co.jp

www.jrniigata.co.jp

とりあえず酒だー!!!ってなんかお酒列車・・・?乗ってみたいけどお酒よりコーラあれば幸せだからなぁ。新潟といったらやっぱりお米と新潟競馬場!直線1000メートルのレーズは迫力あって見物だぞっ☆直線レース見られるのは国内で新潟だけみたいー!新潟にお前何しにいったかバレちゃうじゃんね。若き日の思い出。

 

新潟行ったらお馬さんも見てね☆なんて記事になっちゃったけど、新潟っていったら新幹線・競馬場・お米!新潟いいよ!けだまとりこでした。