けだまとりこの備忘録

ゆるっと全国あれこれ紹介ブログ

兵庫県文化の父 詩人の富田砕花 「5月から芦屋の旧居を再公開ですよ。」

谷崎潤一郎も一時住居 文学の名所

f:id:kedamatoriko:20160506062141p:plain

素敵な雰囲気が新聞から出ていたので取り上げてみましたっ!文学って何ですか?のわたしが取り扱って大丈夫かしらと自分で心配っ☆そんなこんなでがんばります! 2016.4.30 神戸新聞より。

 

芦屋の旧居を再公開

谷崎潤一郎も一時住居 文学の名所

耐震工事終えあすから

芦屋市ゆかりの詩人富田砕花(1890~1984年)の旧居(宮川町)が耐震工事終え、5月1日にリニューアルオープンする。文豪・谷崎潤一郎も一時住居した文学の名所。当時をしのばせる室内の雰囲気が作家たちの日常生活をうかがわせる。

まずは芦屋って聞いたことあるけど場所がっ地図地図!

f:id:kedamatoriko:20160506063422p:plain

お隣さんが神戸市なんですねー芦屋といえば・・・ボートレースあるの!?検索してびっくり。ちがう兵庫じゃない失礼しました。「芦屋 お金持ち」で検索ー!六麓荘町という日本のビバリーヒルズ?有名人やセレブしか住めないんですか・・・ほぅ。東京でいう白金でしょうか。芦屋市全部が高級住宅街ってわけではないんですね!芦屋=お金持ちのイメージでした、ハイ。

 

砕花は盛岡市生まれで、民衆の生活や心を日常的な口語で表現した「民衆詩派」の詩人。1939年から84年に亡くなるまで、この建物で過ごし、長編詩「兵庫賛歌」を刊行する傍ら、校歌や市町歌などを多数作詞して、「兵庫県文化の父」と呼ばれた。

www.nihon-kankou.or.jp

建物の雰囲気がこちらの写真で伝わるのではないでしょうか!わたしのしょーもない絵では伝えきれない!新聞の写真外観よりこちらのほうがわかりやすいかも。

 

富田砕花って?

とみたさいか 日本の詩人・歌人

岩手県盛岡市生まれ。本名・戒治郎。石川啄木の影響をうけ歌人として出発したが、1915年、最初の詩集『末日頌』を上梓、大正詩壇における民衆詩派の詩人として活躍した。のち関西に住み、戦前の全国中等学校野球大会や日本体操大会の行進歌や大会歌を作詞したほか、全国の小、中、高校の校歌を多数作詞している。ホイットマンエドワード・カーペンターを日本に紹介した。 ウィキペディアより引用

取り上げといてなんですが、存じ上げませんでした!兵庫県芦屋を代表する方でいいんですよね??

砕花が住む以前の34年から36年には谷崎潤一郎が居を構え、現在展示場として使われている平屋の建物を書斎に使っていたという。 

谷崎潤一郎って?

たにざき じゅんいちろう 日本の小説家

1886年明治19年)7月24日 - 1965年昭和40年)7月30日)明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。

ごめんなさい、知ってますが読んだことが・・ごほっ。出直せいわれちゃうね。

 

この建物は富田砕花が他界してから市が譲り受けて一般公開してそうですよー。わたしが生まれたときもまだ生きていたんですよね砕花さん、なんか不思議な感じです。

 

で、こっからー

芦屋をもっと知ろうコーナー!

東京人が芦屋のどこに行きたいかを勝手につらつらいきまーす!

  • 潮芦屋ビーチ

芦屋で潮干狩りしてきたって言いたーい!!

www.ashiyashisogokoen.com

海水浴はできないらしい・・・泳げないので問題ない!

  • アンリ・シャルパンティエ本店

www.henri-charpentier.com

本店って芦屋だったのねっ!新宿のデパートいったら「アンリあるあるー」本店カフェでまったりしたいですわー

  • 芦屋駅(JR東海道本線)

芦屋市/JR芦屋駅

やっぱり外せないよねっ☆ライバル駅はお隣さんの西宮駅なんですねー。いろんな電車見たいなー「別に芦屋じゃなくてもいいんじゃね?」っていわれたらアレだけど「芦屋駅行ってマニ活してきたっ!」って自慢したい(誰に?)

で、ウィキペディアさんから

芦屋・西宮の高級住宅地からは一見、山手側を走行する阪急神戸線の方が便利なように見えるが、芦屋川駅夙川駅の駅前が未整備なのに対して、当駅周辺は整備されており自家用車でのアクセスが容易なため、芦屋市内のみならず西宮市西部の高級住宅地の住民も当駅を利用する傾向にある。近年の新快速停車でさらに拍車がかかった。

自家用車!?やっぱりそうだよね、駅まで歩かないよね!びっくり。

 

だいーぶ話が逸れましたが、普段は北のほうにばっかり行っているので西に行ってみたんです!兵庫県より西に行った事ないのでめっちゃ憧れ、未知の世界。ちょっと怖いような。ほんの少しだけですが、この記事を読んで芦屋のことを知ることが出来て嬉しかったな!あ。大事な事書いていない!

開館は日曜と水曜。

午前10時~午後4時。無料。

以上けだまとりこでした。

 

 

www.kedamatoriko.com

www.kedamatoriko.com